読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ禍乗り切るスタートアップの発想と人材力

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 倉貫浩一

 企業の多くがコロナ禍による業績の低迷に苦しんでいる。需要の急減という未曽有の困難に戸惑う大企業は少なくない。経営企画部門が担ってきた既存業務の延長線上にある事業改革では対応できないためだ。ピンチをチャンスに変えるには、スタートアップ企業の人材が起爆剤になるかもしれない。

体験型オンライン研修サービス、売上2倍に

バヅクリのオンライン研修で筋トレを一緒に行う参加者
バヅクリのオンライン研修で筋トレを一緒に行う参加者
テレワークを利用した会社員330人を対象にプレイライフ社が実施したアンケート結果から
テレワークを利用した会社員330人を対象にプレイライフ社が実施したアンケート結果から

 2013年6月に設立されたプレイライフ社(東京・港区)は昨年7月から、「バヅクリ(場作り)」という体験型のオンライン研修サービスを100社超の企業に提供している。そのうちの8割が上場企業だという。コロナ禍前には、対面での研修サービスや観光産業の販促支援などを手がけていたが、感染拡大で売上高は9割減った。ところが、オンライン型のサービスを始めてから、昨年8~12月の累計の売上高は前年同期の2倍になったという。

 バヅクリには、約50の研修プログラムがあり、最大300人が参加できる。新入社員や内定者を対象に、オンラインを介して寸劇、筋トレなど様々な“共同作業”をしてもらうことで互いの人柄を知り、密なコミュニケーションを生むことを目指している。例えば、参加者が自分の将来像について「絵」を描き、発表する。絵を介して、参加者が将来を語り合うことで対話が生まれ、雰囲気が和む。

 佐藤太一代表取締役最高経営責任者(CEO)は「コロナ前に行っていた座学形式の研修スタイルを単にオンラインに置き換えても退屈なだけで、社員の士気は高まらない」と語る。研修後の懇親会の代わりにオンライン飲み会を実施しても、場は盛り上がらない。

 みずほフィナンシャルグループは、内定者同士の親睦を深めるためにバヅクリの研修プログラムを実施した。参加者からは、「交流できて(うれ)しかったし、何よりホッとした」「オンラインだけど、やってみると面白く、学びがあるコンテンツがあって良かった」などの声が上がったという。

残り:919文字/全文:1989文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1770765 0 編集委員の目 2021/01/15 10:00:00 2021/01/15 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYT8I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)