読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ禍と葬式のあり方

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 吉田清久

 コロナ禍の折、外出自粛や密集を避ける日々が続いているが、そんな中、気になる記事を目にした。

 大阪市が新型コロナの感染者に書類を送った際、葬儀会社のCMを印刷した封筒を使ったところ、物議を醸したという。送付先が自宅療養者とはいえ、大阪市が「配慮が足りない」と批判されたのは当然だ。

 ただ、そのことより、私がこの記事に気付かされたのは、「最近、葬式のCMがやたら増えた」ということだ。

「高額」「不透明」批判に加えて…

 特にテレビでその傾向が顕著だ。確かに一日に何度も葬式のCMを目にする。そもそも、誰しも自分や近親者の葬式のことなんて、考えたくもないはずだ。なのに、CMが増えているのは、何か理由があるのに違いない。

 葬祭業界に詳しい人に聞いた。

残り:1002文字/全文:1340文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1867598 0 編集委員の目 2021/02/26 10:00:00 2021/02/26 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)