読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「マスクから考える『ピンク』問題」…色に女の子、男の子はあるのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 猪熊律子

 新型コロナウイルスの封じ込め対策で、世界から注目される台湾。その中心的な役割を担う1人が、デジタル担当大臣のオードリー・タン(唐鳳)氏だ。

 近著「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」によれば、1981年生まれのタン氏は、中学校を自主退学後、ソフトウェア会社などを設立。2016年、35歳の時、蔡英文(ツァイインウェン)政権の閣僚の一員となり、行政や政治分野のデジタル化を主導している。昨年、コロナ禍でマスク不足が起きた時は、民間プログラマーとともに在庫が即時にわかるアプリを開発し、市民が平等に購入できるシステムを構築した。

「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」(プレジデント社、2020年)
「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」(プレジデント社、2020年)

 そんなタン氏や台湾情勢について取り上げたテレビ番組「世界一受けたい授業」(日テレ系、1月30日放映)が面白かった。

 感心したのが、「トイレットペーパーが不足する」というデマへの政府の対応だ。買い占めに走る人々を抑えるために取った対策が「ユーモアで対抗する」。テレビ画面には「私たちにお尻は一つしかない」の言葉とともに、お尻を振る男性のユーモラスな後ろ姿のイラストが映し出された。蘇貞昌(スウジェンチャン)・行政院長(首相に相当)が自身のフェイスブックに掲げたイラストだ。タン氏はインタビューで、「デマがトレンド入りしたら2時間以内にユーモアを込めた文章を発信してデマを打ち消します」と語った。「Humor over Rumor(ユーモアは(うわさ)に勝る)」というわけだ。

 マスクのエピソードも印象的だ。マスク在庫管理システムにより、人々はマスクで困ることはなくなったが、その色までは選べない。政府へのホットラインに「小学生の息子がピンクのマスクをして学校に行ったら笑いものにされた」という母親からの相談が寄せられた。

 それを知った陳時中(チェンシージョン)・衛生福利部長(衛生相)ら感染症対策の中心メンバー(全員男性)は、翌日の記者会見に全員ピンク色のマスクをして登場。「ピンクはいい色です」とアピールした。ピンクは女の子にとっても男の子にとっても素晴らしい色だと、蔡英文総統も自身のフェイスブックに掲げた。

よく似た話はカナダでも ピンク色のタンクトップ使い「いじめに反対」

 実は、台湾によく似た話が以前、カナダで起きたことがある。

 2007年、カナダ東部のノバスコシア州のハイスクールで、ピンク色のポロシャツを着て登校した男子生徒が「ゲイだ」と友達にからかわれ、いじめられた。それを知った年長の男子生徒2人が、75枚のピンク色のタンクトップなどを買い、「明日、みんなでピンクを身に着けよう」と呼びかけた。翌日、これに賛同した数百人の生徒で学校はピンク色に染まり、いじめは自然となくなったという。

残り:2025文字/全文:3297文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1876763 0 編集委員の目 2021/03/02 10:00:00 2021/03/02 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)