読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<明治から大正へ>第5回~「桂園時代」の政治

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部主任研究員 浅海伸夫

西園寺内閣の成立

西園寺公望
西園寺公望
桂太郎
桂太郎

 第1次桂内閣の退陣を受けて、1906(明治39)年1月、第1次西園寺内閣が発足します。

 首相は西園寺(さいおんじ)公望(きんもち)(1849~1940年)、内務相に原(たかし)(1856~1921年)、法相に松田正久(まさひさ)(1845~1914年)、農商務相は松岡康毅(やすたけ)、文相は牧野伸顕(のぶあき)(1861~1949年)、蔵相は阪谷(さかたに)芳郎(よしろう)、陸相は寺内正毅(まさたけ)、外相は加藤高明(たかあき)(1860~1926年)、逓信相は山県伊三郎、海相は斎藤(まこと)(1858~1936年)でした。

 政友会所属は西園寺、原、松田の3人にすぎず、政党、貴族院、薩長閥、元老など諸勢力の均衡内閣でした。「藩閥内閣から政党内閣への過渡期の始まり」と位置付けられ、政党がその実力をもって権力の中枢に割り込んだかたちでした。(山本四郎著『日本政党史(下)』) 

伊藤博文の後継者

 新首相の西園寺は、公家の名門「九清華(せいが)」の家柄に生まれ、明治天皇とは幼なじみでした。

 戊辰(ぼしん)戦争に従軍したあと、1871年に渡仏し、パリ大学で法律を学びます。同年、パリ・コミューンの市街戦を直接目撃したことは、連載の<米欧回覧と文明開化>第7回「ビッグ・ベンと凱旋門」で紹介しました。

 西園寺は、進歩的な法学者であるアコラスから教えを受け、急進社会党の指導者で後に首相となるクレマンソー(1841~1929年)とも交際しました。

東洋自由新聞
東洋自由新聞

 1880年に帰国した西園寺は翌年3月、フランスで知り合った中江兆民や松田正久らとともに「東洋自由新聞」を創刊し、社長に就任します。

 自由民権運動が高揚しつつある中、西園寺の社長就任は物議をかもし、岩倉具視(ともみ)・右大臣らから辞任の圧力がかかります。宮中からもその旨の「御沙汰(ごさた)」が伝えられますが、西園寺は承服せず、「華族にだけ新聞事業を禁じるのは理解しがたい」などと上奏文を提出します。

 しかし、最後は天皇から、社長を辞めるようにとの「内勅(ないちょく)」(天皇の内々の命令)が出され、81年4月に辞任しました。

残り:6155文字/全文:7418文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1667320 0 「世界と日本」史 2020/12/02 05:20:00 2020/12/01 17:39:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201125-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)