読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<第1次世界大戦と日本>第3回 新時代はやってくるか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部主任研究員 浅海伸夫

「人間的な」大正天皇

大正天皇
大正天皇

 明治天皇逝去後、ただちに即位した大正天皇は、1879(明治12)年8月31日、明治天皇の第3皇子として生まれました。名は 明宮(はるのみや)嘉仁(よしひと) 。生母は 権典侍(ごんのないしのすけ) の柳原 (なる)() でした。

 大正天皇は幼少のころ、病弱でした。このため、学習院にすぐ入学せずに、特別に設けられた御学問所で教育を受けます。87年に学習院に編入学し、初等科を卒業して中等科に進みますが、間もなく中退しました。

成婚当日の大正天皇(左)と皇后
成婚当日の大正天皇(左)と皇后

 95年5月には風邪、腸チフスに続いて、軽い肺結核にかかり、一時は重体に陥りましたが、11月には全快しました。

 1900年5月10日、旧摂家、九条 道孝(みちたか) の四女 節子(さだこ) と結婚し、翌年4月に第1皇子、 迪宮(みちのみや) 裕仁親王(昭和天皇)が誕生します。02年に第2皇子(のちの秩父宮)、05年に第3皇子(のちの高松宮)、15年には第4皇子(のちの三笠宮)が生まれます。

 大正天皇は日露戦争後、明治天皇の 名代(みょうだい) として地方巡啓を行うようになります。07年5~6月は山陰地方を回り、各地で大歓迎をうけます。とくに、京都、鳥取、島根の3府県内の学校には、明治天皇の「御真影」に相当する皇太子の「御写真」が初めて下賜されました。(原武史著『大正天皇』)

 天皇は同年10月、韓国統監・伊藤博文の要請により、 有栖川(ありすがわ)威仁(たけひと) 親王、東郷平八郎元帥、桂太郎前首相らを従えて、併合前の韓国を公式訪問しました。帰国後は、そのまま南九州や高知への巡啓を行い、無事、1か月以上に及ぶ長旅を終えました。

 02年から半世紀にわたり宮中で皇族に近侍した 坊城(ぼうじょう)俊良(としなが) は、著書『宮中五十年』で、大正天皇が皇太子の時、沼津御用邸の裏門から、流行の自転車に乗って飛び出し、わざとお (とも) をまいて近くの民家に立ち寄り、「お茶を一杯」と所望していたエピソードを紹介しています。

 これは後年、巡啓でも、突然、日程を変えたり、行く先々で人々に気軽に話しかけたりする人柄を想起させます。坊城は、大正天皇について、「終戦後、占領政策の要請とかで、わざわざ”人間天皇”の御宣言があったが、私たちからいわせると、不思議でもあれば不可解でもある。大正天皇のごときは、もっとも人間的な、しかも温情あふるる親切な天皇であられた」と述懐しています。

子どもの手を取る大正天皇(右)。2人の息子は後の昭和天皇と秩父宮
子どもの手を取る大正天皇(右)。2人の息子は後の昭和天皇と秩父宮

大正政変と天皇

 大正天皇は、明治天皇の大喪など重要行事のあと、「大正政変」に遭遇しました。

残り:6452文字/全文:7983文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2125776 0 「世界と日本」史 2021/06/16 05:20:00 2021/06/16 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210609-OYT8I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)