<第1次世界大戦と日本>第10回 「成金」と「貧乏物語」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部主任研究員 浅海伸夫

大戦ブーム

 明治の末から大正の初め、日本の財政は日露戦争時の膨大な借金が重くのしかかる一方、経済は不況に苦しんでいました。

 ヨーロッパで第1次世界大戦が勃発すると、世界経済の中心だったイギリスをはじめヨーロッパ諸国の経済は大混乱に陥りました。まだ「中進国」だった日本も、影響を免れませんでした。

 とくに海上交通路の不安などから貿易は難しくなり、1914(大正3)年の下半期の輸出は、対前期比25~30%に減少し、中でも主要な輸出品である生糸価格は30%、綿糸価格は25%暴落しました。不況は深刻さを増して、銀行では取り付け騒ぎも起きました。(武田晴人著『帝国主義と民本主義』)

 ところが、開戦から1年ほど () つと、主戦場から遠く離れた日本は、軍需品の供給基地になり、ロシアとイギリスへの輸出が増大、好況に転じます。日本と同じく大戦景気を迎えたアメリカ向けの生糸輸出も激増しました。

 また、ヨーロッパからの製品輸入が途絶えた東南アジア諸国は、日本に代用品を求め、西欧諸国が競争から退いた中国では、日本に市場独占の好機が訪れました。こうして15年には、輸出超過に転じ、出超額は17年にピークを迎えたあと、大戦中の18年まで出超が続きました。

 日本国内では、企業の創設や拡張が相次ぎました。とくに活況を呈したのが、戦争で世界的に船舶不足に陥った海運業や造船業でした。造船では、1887年に払い下げを受け、設備を拡充してきた三菱の長崎造船所は、多数の艦船を受注・建造するようになります。また、製鉄業では、1901年に操業を始めた官営八幡製鉄所が主力でしたが、大戦中は民間製鉄会社がこれを追いかけます。

 また、ドイツからの輸入が途絶えた、薬品や染料、肥料などの国産化が進み、日本に化学工業が起こるきっかけになります。

 高い利益をあげた各企業の株式は高騰を続け、株式ブームで投機があおられ、バブル経済が発生します。

官営八幡製鉄所(1914年撮影)
官営八幡製鉄所(1914年撮影)

「成金」たちの時代

和田邦坊「成金栄華時代」(画像提供:灸まん美術館)
和田邦坊「成金栄華時代」(画像提供:灸まん美術館)

 第1次大戦ブームによって蓄財した企業家たちを、人々は羨望と非難まじりに「成金」と呼びました。「成金」は、そもそも敵陣に入って金将と同じ働きをする将棋の駒のことで、転じて急に金持ちになることを意味しました。

 この言葉は初め、日露戦争後の株取引でもうけた大金持ちに使われましたが、第1次大戦時の「成金」の続出によって一般化しました。

 成金は、どの産業に出現したのでしょうか。経済評論家の高橋亀吉(1894~1977年)によりますと、第1次大戦開始以降、まず、薬品と染料の暴騰と投機により、「薬成金」と「染料成金」が登場。これに「鉄成金」と「紙成金」が続いたあと、株の高騰に伴って「株成金」が現れます。その中でも、成金の横綱は、幸運に恵まれた「船成金」と「鉱山成金」でした。また、綿糸や生糸、穀物などブームに沸いた産業では、全国至るところにそれぞれ代表的な「成金」が出来上がりました。

 ただ、一口に「成金」と言っても、好機をつかんだ実業家もいれば、バブルの中に沈んだ虚業家もいました。たくさんの逸話が残されていますが、玄関が暗くて靴が見つからないでいると、客の男が100円紙幣を燃やし、「どうだ 明るくなったろう」と言っている風刺画の光景は、当時の成金の生態をよく表していました。

残り:5347文字/全文:6996文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
2702340 0 「世界と日本」史 2022/01/26 05:20:00 2022/02/03 14:42:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)