非合法の失敗作…コロナ退散で脚光のアマビエに意外な過去

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

相次いで商品化されたアマビエ(左上から時計回りにこけし、ケーキ、だるま、和菓子)
相次いで商品化されたアマビエ(左上から時計回りにこけし、ケーキ、だるま、和菓子)

 新型コロナの感染が拡大する中、疫病退散のマスコットとして登場した妖怪「アマビエ」人気が続いている。お菓子やTシャツ、ぬいぐるみなどが続々と発売され、厚生労働省はマスク着用や「3密回避」を呼びかける若者向けの啓発用アイコンに採用した。

物価高に苦慮する「子ども食堂」…食材・弁当用容器が高騰、ニーズ高い夏休みの活動に打撃

 だが、アマビエとはどんな妖怪で、いつ、どのように登場し、どのように広がったのかはあまり知られていない。ブームになる前から調査してきた2人の研究者に取材すると、アマビエは“非合法”に登場し、たちまち消えた“失敗作”だったという意外な過去がみえてきた。

アマビエ以前にもいた「予言する妖怪」

 アマビエは人魚のようなウロコと長い髪、鳥のようなくちばしを持つ3本足の妖怪で、江戸時代に肥後(熊本県)の海に現れて疫病の流行を予言したという。その姿を示す絵は京都大学附属図書館が保存する1枚しかない。

『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)

 絵の横の説明文(現代語に意訳)「肥後の海中が毎夜光るため役人が見に行くと、図のような者が現れ、『私は海中に住むアマビヱという者だ。今後6年の間、諸国は豊作だが、あわせて病が流行する。早く私の写し絵を人々に見せなさい』と告げて海中に戻った。これが役人から江戸に送られてきた写しだ 弘化3年4月中旬」

 説明文は、肥後では大騒ぎになっていたかのように書いている。むろん事実でないとしても、肥後にはこんな伝承は一切残っていない。弘化3年(1846年)に疫病が流行した形跡もない。奇談の発信地は、どうやら熊本ではない。

残り:3549文字/全文:4460文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
1447785 0 今につながる日本史 2020/09/02 10:00:00 2022/04/04 18:13:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200831-OYT8I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)