読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

学術会議問題と「寛政異学の禁」から考える学問と政治の関係

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 日本学術会議が推薦した新会員候補のうち6人を菅首相が任命しなかった問題が、尾を引いている。「政府に批判的な学者の任命を拒んだ」という見方に対し、首相は6人の任命拒否の理由を明確に説明せず、学術会議は「閉鎖的」で「既得権益のよう」だと問題点を指摘している。

 首相の判断については、「憲法が保障する学問の自由を脅かす」「任命は形式的なものだ、としてきた過去の国会答弁を変更した経緯が不明確だ」とする批判がある。その一方で、「学術会議側にも問題がある」「税金を投入している以上、首相の任命権を否定すべきでない」と、首相を支持する声もある。「学術会議に問題あり」とする側からも、「会員人事とは別問題のはずだ」と、人事から改革を進める手法を問題視する声がある。議論の焦点が多岐にわたり、どこに問題があるのか、わかりにくい。

松平定信像
松平定信像

 江戸時代に寛政の改革を進めた老中・松平定信(1759~1829)が寛政2年(1790年)に出した「寛政異学の禁」の際にも、同じような論争が起きている。「封建時代の学問統制と学術会議問題を比べても意味はない」という声もあろうが、封建時代の禁令にしては、学界からの反論もあり、背景には政治的な思惑や権力闘争があった。今の議論を整理するためにも、時計の針を戻してみたい。

幕府の権威回復、田沼派の追い落としに朱子学を利用

 寛政異学の禁は、朱子学を幕府の「正学」とし、幕府の学問所・昌平黌(しょうへいこう)で朱子学以外を教えることを禁じた命令だ。朱子学は中国南宋の朱熹(しゅき)(1130~1200)が体系化した儒学で、身分制度を尊重し、君臣父子の上下関係を重視するため、封建支配を正当化する理論的根拠とされた。

 徳川家康(1543~1616)が林羅山(らざん)(1583~1657)の朱子学を「徳川家侍講(じこう)の学」と定めて以来、林家は大学頭(だいがくのかみ)の役職を世襲し、旗本の門弟に朱子学を教えてきた。ところが、元禄時代以降には林家に才気ある人物が出ず、朱子学は振るわなくなった。現実離れした哲学的な朱子学よりも、実践的で日々の暮らしに役立つ新たな学派が人気を集め、昌平黌には閑古鳥が鳴いていた。

現在の湯島聖堂
現在の湯島聖堂
聖堂之畫圖。林家の私塾は元禄時代に湯島に移され整備された(国立国会図書館蔵)
聖堂之畫圖。林家の私塾は元禄時代に湯島に移され整備された(国立国会図書館蔵)

 ほかでもない定信自身が、老中に就任する5年前の25歳の時に書いた『修身録』で、「朱子学は理屈が先に立ち、学ぶと偏屈に陥る」と、朱子学を批判している。定信というと「正学」しか認めない生真面目なイメージがあるが、『修身録』では「学問の流儀は何でもよい。どの流儀にもいいところ、悪いところがあり、学ぶ側がいいと思えばいい。流儀にこだわるのは馬鹿(ばか)詮索(せんさく)だ」とまで記している。

聖堂講釈の図(金沢大学附属図書館所蔵)
聖堂講釈の図(金沢大学附属図書館所蔵)

 その定信が老中に就任してすぐ「異学」を禁じたのは、ひとえに寛政の改革を進めるためだろう。幕府の権威を回復するには、武士が忠臣の道徳をわきまえてくれなければ困る。寛政の改革では困窮する武士の借金を棒引きにする棄捐令(きえんれい)が出され、貸し手の商人が大損害を被ったことは以前にも紹介した(こちら)が、暮らしを救済した武士が相変わらず武士の本分を忘れ、町人と同様に風刺本(黄表紙)や狂歌にうつつを抜かしているのでは示しがつかない。異学の禁は、あくまで幕府直属の旗本が集う昌平黌の授業内容に対するもので、江戸の町人や地方の大名は対象になっていない。

 禁令の背景には、田沼意次(1719~88)の一派との政争もあったとみられる。定信は8代将軍、徳川吉宗(1684~1751)の孫で御三卿(ごさんきょう)の田安家に生まれ、幼いころから英明といわれ、将軍になる可能性も十分にあった。だが、その才気を恐れた田沼一派の策略で白河藩松平家に養子に出され、将軍への道を塞がれた。田沼派は定信の老中起用にも反対し、定信は「意次を二度刺し殺そうとしたほど憎んでいた」と独白している。老中になった定信は田沼派の商業主義的な政策を完全否定する改革に着手し、その徹底のために朱子学を利用したといえる。

残り:3224文字/全文:5360文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1649548 0 今につながる日本史 2020/11/25 10:00:00 2021/01/01 10:57:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201123-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)