読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

『麒麟がくる』が描く本能寺の変と暦との意外なつながり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 配役の降板による撮り直しでスタートが2週間遅れ、新型コロナの影響で2か月半も放送を休むという異例ずくめの展開となったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が、いよいよ完結する。2月7日放送予定の最終回(第44回)「本能寺の変」まであと2回。これまでの大河ドラマで何度も描かれてきた本能寺の変だが、『麒麟がくる』では本能寺の変に至るキーワードは、どうやら「月」になりそうだ。

『麒麟がくる』最終回で、織田信長を倒すため本能寺に向かう明智光秀。空に月はない
『麒麟がくる』最終回で、織田信長を倒すため本能寺に向かう明智光秀。空に月はない

月に昇る男=富や権力を独り占めしようとする権力者

月に昇る呉剛(月岡芳年『月百姿』国立国会図書館蔵)
月に昇る呉剛(月岡芳年『月百姿』国立国会図書館蔵)

 本能寺の変が近づくにつれ、ドラマでは「月」に絡んだ描写が増えている。第41回「月にのぼる者」では、坂東玉三郎さんが演じる(おお)()(まち)天皇(1517~93)が、内裏で長谷川博己さん演じる明智光秀(?~1582)と月見をしながら「(かつら)(おとこ)」の話をする。むろんドラマ上の創作だが、そもそも桂男とは何者なのか。

 「桂男」は、古代中国・唐の時代に書かれた『(ゆう)(よう)(ざっ)()』に登場する伝説上の人物で、本名を()(ごう)という。月の宮殿にある桂の木の花に不老不死の効能があると知った呉剛は、満月の日だけにかかる梯子(はしご)を使って月に昇った。だが、花を独り占めしようとして、すべて木からふるい落としたために神の怒りを買い、罰として高さ500丈(約1500メートル)もある桂の木を(おの)()ることを命じられる。しかし、斧を入れても切り口はすぐに塞がってしまう。呉剛は桂の木を伐り続け、月に閉じ込められてしまった──というのが伝説のあらましだ。

 ドラマの中で正親町天皇は、「あまたの武士たちが月に昇るのを見たが、この下界へ帰ってくる者はなかった」と語り、染谷将太さん演じる織田信長(1534~82)が道を間違えぬよう、光秀に「しかと見届けよ」と命じる。このシーンはドラマ上の創作だが、桂男は富や権力を独り占めしようとする権力者、つまり信長を指しているのだろう。

ドラマが月を強調する理由…暦の改変問題が光秀謀反の一因か

桂花(金桂、キンモクセイ)には薬効があるとされる
桂花(金桂、キンモクセイ)には薬効があるとされる

 1月31日放送予定の第43回「闇に光る樹」の予告編によると、光秀は月へと続く巨木を伐る夢を見る。月から戻る帰路を断てば、月に昇った桂男=信長は下界に戻れなくなる。桂男伝説に「ジャックと豆の木」が交ざったような夢だが、謀反へと傾く光秀の心中が描写されるのだろう。

 桂男は第36回「訣別(けつべつ)」でも、光秀が木村文乃さんが演じた妻の(ひろ)()とともに、坂本城で琵琶湖を眺めながら詠じた歌「月は船 星は白波 雲は海 いかに()ぐらん桂男は ただ一人して」にも登場した。煕子は第39回「本願寺を(たた)け」で満月を見ながら永眠し、番組の最後には松尾芭蕉(1644~94)が詠んだ「月さびよ 明智が妻の はなしせむ」が紹介されている。

 ドラマが本能寺の変に向けて月を強調するのは、両者を関連づける見方があるからかもしれない。関連づけるといっても、本能寺の変が満月の下で起きたわけではない。実際はその逆で、天正10年(1582年)6月2日未明に、京の空に月はなかった。だが、この時の月は、ふだんとは違う動きをしていた。そのことが、月の動きで決まる「暦」をめぐる対立を生み、光秀謀反の動機のひとつになった、という説がある。

変前日の日食、朝廷が定めた暦は予測できず?

当時の暦は月の満ち欠けを基準に決められていた
当時の暦は月の満ち欠けを基準に決められていた

 当時の暦は月の満ち欠けを基準に決められ、ひと月は新月((さく))から始まっていた。明智勢が本能寺を囲んだ6月2日未明は新月で、天候にかかわらず、月明かりはまったくなかった。光秀はこの日に信長を討つと決めた時点で、漆黒の闇の中を本能寺に向かうことは想定していたはずだ。

 月が想定外の動きをしたのは、この半日前、6月1日の午後3時前後のことだった。月が太陽の6割ほどを隠す日食が起きたのだ。当時の天体観測の技術でも日食はある程度予想できたが、朝廷の(おん)(よう)(りょう)が定めた宣明暦(せんめいれき)(京暦)には、この日の日食予報は残っていない。信長はこの日食を目視で確認したのだろう。1日に本能寺に招いた公家衆に対し、暦を早急に見直すよう強く求めている。

 日食がなぜ暦と関係するのか、そもそも暦を見直すとはどういうことかを知るには、暦の仕組みを理解する必要がある。少しだけお付き合いいただきたい。

 月の満ち欠けの周期はほぼ29.5日で、月の満ち欠けだけで暦を決める太陰暦では、12か月は354.5日となる。一方で地球は365.24日で太陽の周りを1周するから、太陰暦では太陽暦より1年の長さが約11日短くなる。このずれを放置すると、季節と月の整合性がとれなくなってしまうため、ほぼ3年に1回のペースで閏月(うるうづき)を入れ、1年を13か月にすることでずれを修正する。太陰暦を基本としつつ、太陽暦とのずれを考慮して閏月を挿入した暦を太陰太陽暦といい、日本や中国など東アジアではこの暦が主流だった。

 だが、同じ太陰太陽暦でも作成や計算の方法は複数あり、どこに閏月を挿入するかが、暦によって違うことがある。詳しい説明は省くが、日食の予報は閏月の設定に密接に関係する。

残り:2527文字/全文:5178文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1798954 0 今につながる日本史 2021/01/27 10:00:00 2021/02/15 12:23:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210125-OYT8I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)