読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

『麒麟がくる』では地味だったが…最新研究が示す「本能寺」の真の首謀者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が最終回「本能寺の変」で完結した。天正10年(1582年)6月2日、織田家重臣の明智光秀(?~1582)が主君の織田信長(1534~82)を襲ったこのクーデターは、光秀の動機を巡る論争が続き、「戦国最大のミステリー」と言われる。ドラマの感想を記す前に、真相究明がどこまで進んでいるのかを紹介したい。最新の研究では、変の首謀者は、ドラマではあまり目立たなかった須賀(すが)貴匡(たかまさ)さんが演じた光秀の家老、斎藤利三(としみつ)(1534~82)だとみる説が多い。

光秀は本能寺にいたのか

山崎の戦いの前、敵を偵察する斎藤利三(月岡芳年『月百姿』国立国会図書館蔵)
山崎の戦いの前、敵を偵察する斎藤利三(月岡芳年『月百姿』国立国会図書館蔵)
『乙夜之書物』と、「光秀は鳥羽にいた」と記した該当部分(右)(萩原さん撮影、金沢市立玉川図書館近世史料館所蔵)
『乙夜之書物』と、「光秀は鳥羽にいた」と記した該当部分(右)(萩原さん撮影、金沢市立玉川図書館近世史料館所蔵)

 最新の研究といえば、富山市郷土博物館主査学芸員の萩原大輔さんが「光秀は変の当日、本能寺の現場にはいなかった」とする説をまとめて話題になっているが、利三はこの説にも深い関係がある。萩原さんは、金沢市立玉川図書館近世史料館が所蔵する『乙夜之書物(いつやのかきもの)』という書物に、変の当日、「光秀ハ鳥羽ニヒカエタリ」という記述があることに注目した。

 『乙夜之書物』は本能寺の変から87年も後で、これだけ時間が空いてから書かれた記録には後世の脚色や創作が入り込むため、信ぴょう性は低いとされる。だが、この話は変に従軍した利三の三男、斎藤利宗(1567~1647)が、加賀藩士だった(おい)に語った内容だ。謀反を主導した利三に近い人物の証言だからこそ、ここまで注目されているわけだ。

 言われてみれば、「光秀は本能寺にいた」という記録は、信ぴょう性が高いとされる史料にはない。少ない兵しか連れていない信長を討つのに、光秀が自ら大軍を率いて現場に行く必然性もない。だが、光秀が控えたという鳥羽(京都市伏見区)は、当時の本能寺(京都市中京区)から5キロ以上離れている。丹波亀山城から山陰道を進んで京都に入った光秀は、七条大路から右折して本能寺と逆の方向に布陣したことになり、やや不自然ではある。

 光秀は山崎の戦いの2日前の同年6月11日、下鳥羽の鳥羽離宮南殿(なんでん)(伏見区中島鳥羽離宮町)付近に布陣したという記録があるから、利宗が本能寺と山崎の戦いの記憶を混同していた可能性もある。この点について萩原さんは「鳥羽に布陣したのは万一信長を討ちもらした際に、信長が大坂にいた三男、織田信孝(1558~83)のもとに逃走するのを阻もうとしたのでは。鳥羽は交通の要衝(ようしょう)で、兵力を機動的に動かしやすい。光秀は本能寺の変から山崎の戦いまで、ずっと軍の主力を鳥羽においていたかもしれない」と話す。ドラマで長谷川博己さん演じる光秀が本能寺にいたのは、間違いとも正しいともいえない。

信長と元親、良好な関係が暗転

 冒頭で最新の学説では首謀者は斎藤利三、と書いたが、この見方は本能寺の変の直後からあった。『言経(ときつね)卿記(きょうき)』にはすでに「今度謀反随一也(謀反を起こした張本人)」とみなしている。ただ、怨恨説や野望説、さらには黒幕説に焦点があたり、忘れられてきた面がある。こうした論争がひと巡りし、再び利三が注目されつつあるわけで、キーワードは「四国問題」と「切腹命令」だ。

長曽我部元親画像(東京大学史料編纂所所蔵模写)
長曽我部元親画像(東京大学史料編纂所所蔵模写)

 「四国問題」とは、信長の四国統治の方針が急に変わり、四国の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)(1539~99)とのパイプ役だった光秀が窮地に陥ったというものだ。長宗我部氏側の史料『元親記』には、光秀が信長と元親の「取次役」になったのは、重臣の利三が元親の小舅(こじゅうと)だったことが縁だった、とある。家系図で示した通り、利三は元親の義兄にあたり、元親との交渉窓口を一手に担っていた。

 当初、信長と元親の関係は、元親が嫡男に信長の「信」の字を拝領するほど良好だった。しかし、天正8年(1580年)に摂津(大阪府)石山本願寺を屈服させた信長が、宿敵・毛利氏の包囲網を築き始めると、雲行きが怪しくなる。信長は東からは羽柴秀吉(1537~98)、西からは豊後(ぶんご)(大分県)の大友義統(よしむね)(1558~1610)に毛利領への侵攻を促した。南の元親に対しては、「四国すべては切り取り次第」としていた方針を変え、讃岐(さぬき)(香川県)と阿波(徳島県)から手を引けと命じた。

 元親を毛利包囲網から排除したのは、それまで冷遇されていた三男、信孝に領地を与えたいという思惑もあった。信長は元親撤退後の讃岐を信孝に、阿波を三好康長(?~1585?)に与える「国分(くにわけ)令」を出し、同時に康長に信孝を養子にするよう命じている。康長はすでに高齢で、信孝は遠からず四国東半分を領有することが内定していた。これらの決定は四国交渉の責任者だった光秀の頭越しに行われ、光秀の面目は丸つぶれとなった。

残り:3291文字/全文:5667文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1831406 0 今につながる日本史 2021/02/10 10:00:00 2021/02/11 23:32:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210208-OYT8I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)