読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「大河」「新札」で再注目…渋沢栄一、今も色あせない三つの信条

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 吉沢亮さんが「日本近代資本主義の父」といわれる渋沢栄一(1840~1931)を演じるNHK大河ドラマ『青天を()け』が始まった。渋沢は3年後には福沢諭吉(1835~1901)に代わって1万円札の顔になる。

 波乱万丈の人生は、大河ドラマの主人公にふさわしい。天保から昭和まで11もの元号を生き抜き、明治維新を軌道に乗せ、日本経済の基礎を築き、関東大震災からの復興や医療・福祉事業、国際協調にも尽力して、2度もノーベル平和賞の候補になった。言論を通じて日本の近代化を進めた福沢の思想を、実務面から形にしたのは渋沢だ。福沢の後の1万円札の顔としても最適任だろう。

渋沢が描かれた新1万円札
渋沢が描かれた新1万円札

 これまで渋沢が大河ドラマの主役にならなかったのは、自叙伝を含めて細かい記録が多く残っていて脚色や創作がしにくいため、紙幣の顔にならなかったのは、ひげがなく、つるんとした顔が偽札防止の効果を施しにくいため、といわれてきた。渋沢の業績を考えれば、ともにもっと早く登場してもおかしくなかった人なのだ。

 だが、超人的な活躍をしたにもかかわらず、多くの人は渋沢栄一の名前を聞いても、「明治の有名な実業家」「いろんな会社をつくった人」というくらいしか思い浮かばないのではないか。今後、ドラマで描かれるだろう渋沢の波乱万丈の人生を、筆者が考える「渋沢が成功した三つのポイント」とともに紹介したい。

相手の懐に飛び込み、人の話を聞く

徳川慶喜(『維新回天記』国立国会図書館蔵)
徳川慶喜(『維新回天記』国立国会図書館蔵)

 渋沢は武蔵・血洗島(ちあらいじま)(埼玉県深谷市)の豪農の家に生まれるが、横柄で農民を卑下する幕府代官に絶望し、尊皇攘夷(じょうい)の志士となる。倒幕の火付け役になろうと高崎城を乗っ取って横浜を焼き討ちする計画を立てるが、直前に取りやめて京都に逃亡。京都で江戸遊学中に知り合った一橋慶喜(1837~1913)の側近、平岡円四郎(1822~64)と再会し、平岡の計らいで一橋家に仕え、慶喜が将軍になると、渋沢も幕臣に取り立てられる。

 渋沢は真剣に倒幕を考えていた。高崎城乗っ取り計画では150両もつぎ込んで同志の武器を購入し、家に迷惑をかけまいと父には親子の縁を切ってもらい、決行にあたって京都にいた従兄(いとこ)の尾高長七郎(1838~68)を呼び戻している。直前に取りやめたのは、その長七郎に「うまくいくわけがない」と説得されたためだ。普通ならここまで準備すれば「もう後には引けない」と突っ走りそうなものなのに、あっさりと計画を捨て去り、露見を恐れて京都に逃げる。

 京都でも身を潜めるどころか、到着してすぐに慶喜とともに京都にいた平岡を訪ね、面識がなかった西郷隆盛(1828~77)に面談を申し入れ、すぐに気に入られて同じ鍋をつつく仲になっている。一橋家への仕官を決めたのも、倒幕計画を打ち明けた平岡に「国を変えるなら、英明で前途有望な慶喜公に仕えたらどうか」と諭されたからだ。

 渋沢は、自分の間違いに気づいたら、すっぱりと方針を変える柔軟さを持っていた。自ら相手の懐に飛び込み、「人の話をよく聞く」ことができたからだろう。

官尊民卑を嫌い、分け隔てなく人に接する

フランスで撮影された徳川昭武(中央)使節団一行。渋沢は後列左端とされる(『珍らしい写真』国立国会図書館蔵)
フランスで撮影された徳川昭武(中央)使節団一行。渋沢は後列左端とされる(『珍らしい写真』国立国会図書館蔵)

 慶応2年(1866年)に幕臣となった渋沢は、その翌年にパリで開かれる万国博覧会に将軍の名代として派遣された慶喜の実弟・徳川昭武(1853~1910)に随行することになった。それまで攘夷を主張してきた渋沢は、随行を嫌がるどころか大喜びでフランスに渡る。

 この時に乗った鉄道や、目にした新聞、流通する紙幣を見て、これは便利だと思ったことが、後の鉄道や製紙会社の設立につながった。博覧会後に欧州を視察している間に、日本では慶喜が大政を奉還し、日本からの送金は途絶えたが、渋沢は滞在費用の一部でフランス鉄道債と公債を買って利益を得ていたため、滞在資金には困らなかった。日本では借金は恥で隠すべきものなのに、欧州では政府が借金することを公表し、堂々と金を集めている。多くの人から金を集めて経済発展の元手にする(すべ)を知ったことが、銀行や証券取引所の設立につながった。

残り:2995文字/全文:5078文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1864849 0 今につながる日本史 2021/02/25 10:00:00 2021/03/01 11:22:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)