読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

川中島の合戦、「戦いに勝った証し」を捏造した真犯人とは

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 新型コロナの緊急事態宣言は解除されたが、感染は収まるどころか「第4波」への懸念が高まっている。この春に予定されていた全国各地のお祭りやイベントの多くが延期を余儀なくされ、2年続けて中止される催しもあるという。戦国武将、武田信玄(1521~73)の命日(4月12日)にあわせて開催される山梨の春の風物詩、甲府市の「信玄公祭り」も10月下旬に延期されることになった。

 祭りの見ものは、信玄が越後(新潟県)の上杉謙信(1530~78)と激突した川中島の戦いに出陣する甲州軍団の武者行列だ。1600人の武者が目抜き通りを練り歩く武者行列は国内最大級とされ、なかなか見応えがある。今年は信玄の生誕500年にあたり、山梨県ではさまざまな関連イベントも予定されている。延期は残念だが、生誕500年の祭りは命日より、誕生日(11月3日)にあわせて行う方がふさわしいかもしれない。

信玄公祭りの武者行列(2019年4月、甲府市で)
信玄公祭りの武者行列(2019年4月、甲府市で)
謙信公祭の武者行列(2015年8月、新潟県上越市)
謙信公祭の武者行列(2015年8月、新潟県上越市)

 一方の謙信の地元、越後・春日山(新潟県上越市)でも、毎年8月下旬に「謙信公祭(けんしんこうさい)」が開かれ、川中島に出陣する越後軍団の武者行列が披露される。ふたつの祭りが名前に「公」をつけて指揮官に敬意を表し、合戦に向かう武者行列をハイライトに据えるのは、ともに「勝者はこちら」と信じているからだろう。

勝者はどちら? 武田方と上杉方で食い違う記述

 戦国時代最大の白兵戦とされる川中島の合戦は、天文22年(1553年)から永禄7年(1564年)まで12年にわたって続き、大規模な衝突は5回あったといわれる。特に永禄4年(1561年)の合戦は最大の激戦となり、信玄も謙信も合戦直後から自軍の勝利を喧伝(けんでん)している。どちらが勝ったのか、いまだにはっきりしない理由はほかにもある。この戦いは後世に、甲越とはまったく別のところで政治的な思惑に利用され、ねじ曲げられた経緯があるのだ。

山梨県笛吹市の「川中島合戦戦国絵巻」で再現される信玄・謙信一騎打ち(2016年撮影)
山梨県笛吹市の「川中島合戦戦国絵巻」で再現される信玄・謙信一騎打ち(2016年撮影)

 これからひもといていくのはその経緯で、信玄の「啄木鳥(きつつき)の戦法」や謙信の「車(がか)りの戦法」に関する新事実は何もない。ただ、合戦の最大のハイライトである信玄と謙信の一騎打ちについては、話の重要なカギになるので取り上げる。ちなみに筆者は、大乱戦の中で実際に一騎打ちはあったのではないかと考えている。

 主な戦いだけで5回あったとされる川中島の合戦だが、武田方の史料『甲陽軍鑑』と上杉方の史料『川中島五箇度合戦記』(『合戦記』)では、その時期や経緯はことごとく異なっている。『甲陽軍鑑』は「啄木鳥の戦法」や「車懸りの戦法」を永禄4年の第4回合戦のシーンとして紹介するが、『合戦記』では第3回合戦の出来事となっている。

『甲陽軍鑑』を否定、虚構が盛り込まれた『合戦記』

 最大の違いは信玄と謙信の一騎打ちで、『甲陽軍鑑』では第4回合戦に八幡原(はちまんぱら)で行われ、信玄が軍配で謙信の太刀を受け止めるが、『合戦記』では第2回合戦のシーンとされ、信玄と謙信は御幣川(おんべがわ)の中で、ともに馬上で太刀を交わしたことになっている。『合戦記』はわざわざ付録で南光坊天海(1536?~1643)が御幣川の一騎打ちをじかに観戦していたと紹介し、「甲陽軍鑑の一騎打ちの記述は誤りだ」という天海の証言まで載せている。徳川家康(1543~1616)のブレーンを務めた天海の観戦記をでっちあげ、『甲陽軍鑑』より『合戦記』の記述が正しいとアピールしたのは明らかだ。『甲陽軍鑑』の記述にも誤りや誇張が多いのだが、通説が今もほぼ『甲陽軍鑑』の記述に沿っているのは、『合戦記』などの上杉方の史料に、『甲陽軍鑑』を否定せんがための虚構がふんだんに盛り込まれているためだ。

川中島合戦図屏風。右隻五扇で信玄(左)と謙信は御幣川の中で一騎打ちをしている(和歌山県立博物館蔵)
川中島合戦図屏風。右隻五扇で信玄(左)と謙信は御幣川の中で一騎打ちをしている(和歌山県立博物館蔵)

 『合戦記』は武田家の遺臣が書き留めた記録を、上杉家の家臣が慶長10年(1605年)に編纂(へんさん)したとされ、実際に寛文9年(1669年)に上杉家は徳川幕府の国史編纂事業に協力するため、その内容を『川中島五度合戦次第』として幕府に提出している。しかし、実は『合戦記』を書いたのは、上杉家の人間ではない。それが明らかになったのは、平成4年(1992年)に和歌山県の旧商家から見つかった屏風(びょうぶ)絵がきっかけだった。当時、和歌山県立博物館学芸員としてこの屏風を分析した高橋修さんは、綿密な調査の成果を『異説 もうひとつの川中島合戦』にまとめている。

軍学者のフィクション、後ろ盾となった紀州徳川家

左隻二扇下方に描かれた宇佐美定行(和歌山県立博物館蔵)
左隻二扇下方に描かれた宇佐美定行(和歌山県立博物館蔵)

 見つかった『川中島合戦図屏風』(紀州本)は、上杉勢が武田勢を圧倒する様子を描いており、上杉方の目線で描かれているのは明らかだ。信玄と謙信の一騎打ちを御幣川で行い、合戦の時期や細かい描写も上杉方の『合戦記』に符合する。さらに屏風絵には、謙信の家臣、宇佐美駿河守定行(定満(さだみつ)、1489?~1564)をひときわ勇壮に描いている。定行を謙信の軍師にまつりあげるのも『合戦記』の記述通りだが、実際には定行は軍師のような要の家臣ではなかった。高橋さんは、屏風絵がことさら定行を強調する理由は、屏風絵を描かせた人物の意向ではないかと考えた。

残り:2847文字/全文:5581文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1965922 0 今につながる日本史 2021/04/07 10:00:00 2021/04/07 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)