読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

天守閣は復旧したが…熊本城完全復活までの遠い道のり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 熊本地震から5年がたつ。地震で傷んだ熊本城の天守閣の復旧工事が完了した。5年前に熊本地震に遭遇し、大きなダメージを受けた天守閣を目の当たりにした筆者にはうれしいニュースだ。だが、熊本城の復旧工事が完了したのは、天守閣と重要文化財の長塀(ながべい)だけで、熊本城全体の復旧はまだ2割程度しか終わっていないとされる。復旧がすべて完了するのは2037年度。まだ16年以上かかるのだ。

    

 天守閣は熊本地震からの復興のシンボルとして最優先で工事が進められ、しかも昭和35年(1960年)に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート建造物で、重要文化財ではないから早く復旧できた。しかし、(やぐら)などの重要文化財建造物は、解体して取り出した瓦や柱などを可能な限り使って元通りにしなければならない。

気の遠くなる石垣の積み直し

 さらに難題なのは石垣だ。崩落した石垣はもちろん、変形した石垣も、すべて地震の前の状態に積み直さなければならない。崩落時に割れた石は貼り合わせて使う。再使用が無理な石は新しい石に差し替えるが、形は崩落した石と寸分違わぬように加工する。再び大きな地震が来ても石垣が崩れないように、原因を究明する必要もある。

 熊本地震では全体の約3割にあたる約2万3600平方メートルの石垣が被災し、このうち8200平方メートルで石垣が崩落したが、天守閣復旧で積み直した石垣は740平方メートルにすぎない。積み直しが必要な石は一説には10万個を超える。気の遠くなるような作業になる。

 1列の隅石(すみいし)が櫓を支え、「奇跡の一本石垣」が有名になった飯田丸五階櫓はすでに解体されているが、石垣の積み直しは今年度から始まる。戌亥櫓(いぬいやぐら)は地震から5年たった今も「一本石垣」の状態が続き、今年度からようやく建造物の解体・保存工事に着手する。13棟の被災した重要文化財建造物のうち7棟は解体されたが、土台となる石垣の状態がわからないと建造物の復旧の工程も立てられない。

 重要文化財の宇土(うと)櫓の復旧は、特に難航が予想される。建物は傾き、外壁の漆喰(しっくい)が落ちるなど大きな被害が出たが、深刻なのは櫓が立つ巨大な高石垣に「(はら)み(膨らみ)」が出ていることだ。被災した建造物に目が行きがちだが、復旧の最大の難関は、その下にあるのだ。

「第三の天守」とも呼ばれる宇土櫓。下部の高石垣にも膨らみがみつかった(右手前は倒壊した続櫓)
「第三の天守」とも呼ばれる宇土櫓。下部の高石垣にも膨らみがみつかった(右手前は倒壊した続櫓)
地震で傷ついた連続枡形(写真提供 熊本城総合事務所)
地震で傷ついた連続枡形(写真提供 熊本城総合事務所)

西南戦争で発揮された「難攻不落」の真価

加藤清正(国立国会図書館蔵)
加藤清正(国立国会図書館蔵)

 熊本城が全国有数の「石垣の城」になったのは、城を築いた加藤清正(1562~1611)が鉄壁の守りを目指したためとされる。その証拠として城内に120以上の井戸を掘り、食料になる銀杏の木を植え、土塀にかんぴょう、畳の芯に芋茎(ずいき)を埋め込んで籠城戦に備えていた、という逸話がよく紹介されるが、真の証拠は石垣にある。高い石垣に「武者返し」と呼ばれる()りをつけ、攻め込んでくる敵を撃退するため、城の出入り口(虎口)から箱形の石垣(桝形(ますがた))を幾重にも並べたことが、「難攻不落の城を造る」という清正の築城方針の表れだろう。

 その理由については、以前にも紹介した(こちら)通り、豊臣秀頼(1593~1615)を熊本城に(かくま)うことを考えていたという説がある。明・朝鮮の大軍に包囲されたものの、全長1.4キロという長大な石垣と桝形を持つ蔚山城(うるさんじょう)で援軍が来るまで(しの)ぎ切った朝鮮出兵の経験も、熊本城に生かされているのではないか。

熊本城を攻める薩摩軍と守る鎮台軍(『鹿児島の賊軍 熊本城激戦図』国立国会図書館蔵)
熊本城を攻める薩摩軍と守る鎮台軍(『鹿児島の賊軍 熊本城激戦図』国立国会図書館蔵)

 結局、江戸時代に熊本城が攻められることはなかったが、その真価は明治10年(1877年)の西南戦争で発揮される。

 当時、熊本鎮台が置かれていた熊本城は1万3000の薩摩軍の総攻撃を受けたが、薩軍は城の一角に取り付くこともできなかった。敗れた薩軍総大将の西郷隆盛(1828~77)は鹿児島で自害する直前に「わしは官軍ではなく、清正公に負けたのだ」と言ったという話がある。

 ちなみに、天守は薩軍総攻撃の2日前に火災で全焼している。火事の原因については諸説あるが、最近は鎮台軍側が薩軍の大砲の的になるのを避けるために焼き払ったという説が有力だ。籠城した鎮台軍が頼みにしたのは天守ではなく、石垣だったのかもしれない。

 薩軍が熊本城の攻略に失敗したことで西南戦争の勝敗は決した。軍にその記憶が残ったことは、その後の熊本城の帰趨(きすう)にも大きな影響を与えることになる。熊本城は明治以降、3度にわたって廃城の危機を迎えているが、いずれも軍が城を守っているのだ。

残り:2902文字/全文:5312文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1998491 0 今につながる日本史 2021/04/21 10:00:00 2021/04/27 12:32:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)