読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

この世をば…藤原道長の「望月の歌」新解釈から見える政権の試練とは

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部 丸山淳一

 新型コロナワクチンの接種はようやく軌道に乗ってきたが、東京の感染状況はリバウンドしている。3週間後に迫った東京オリンピックが、感染拡大の引き金になるとの懸念が収まらない。内閣支持率が低迷する中で東京都議選が告示され、秋には解散・総選挙が行われる。国民の信任を得ることができるか、菅首相は大きな試練の時を迎える。

「わが世の春」を謳歌した歌ではない?

敦成親王(後の後一条天皇)誕生50日を祝う儀式を描いた『紫式部日記絵巻断簡』。背を向けている右側の女性が彰子。画面下の男性が道長 ColBase(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/A-12091?locale=ja)を加工して作成
敦成親王(後の後一条天皇)誕生50日を祝う儀式を描いた『紫式部日記絵巻断簡』。背を向けている右側の女性が彰子。画面下の男性が道長 ColBase(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/A-12091?locale=ja)を加工して作成

 選挙も支持率もSNSもなかった時代の支配者たちは、そんな試練とは無縁の優雅で安定した時代を 謳歌(おうか) していた、というのが多くの人の印象だろう。ちょうど1000年前の平安時代は、支配者にとって最もいい時代だったのかもしれない。当時は摂関政治の全盛期で、その頂点に藤原道長(966~1028)がいた。娘を次々に天皇の (きさき) (皇后、中宮)として権勢をふるった道長には、傍若無人の専横を伝える多くの逸話がある。最も有名なのが、道長が詠んだこの歌だろう。

 この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたる ことも なしと思へば

藤原道長(『前賢故実巻6』国立国会図書館蔵)
藤原道長(『前賢故実巻6』国立国会図書館蔵)

 「この世で自分の思うようにならないものはない。満月に欠けるもののないように、すべてが満足にそろっている」――この時点で3人の娘を次々に天皇や皇太子の后とした道長が、得意満面に詠んだ歌とされてきた。だが、京都先端科学大学教授の山本淳子さんは、これまでとは異なる「望月の歌」の新解釈を発表した。近年の研究では、どうやら道長は得意満面にわが世の春を謳歌するような状況ではなかったこともわかってきた。

返歌拒み、唱和を促した実資

藤原道長自筆の日記『御堂関白記』(古文書時代鑑、国立国会図書館蔵)
藤原道長自筆の日記『御堂関白記』(古文書時代鑑、国立国会図書館蔵)

 山本さんの新解釈を理解するには、道長が「望月の歌」を詠んだ状況を知っておく必要がある。道長は現存する世界最古の直筆日記とされる『御堂関白記』(世界記憶遺産)を残しているが、そこにこの歌に関する記述はない。「望月の歌」は、「賢人右府」と呼ばれた藤原 実資(さねすけ) (957~1046)の日記『 小右記(しょうゆうき) 』の寛仁2年(1018年)10月16日の条に書き留められている。

藤原実資(『前賢故実巻6』国立国会図書館蔵)
藤原実資(『前賢故実巻6』国立国会図書館蔵)

 『小右記』によると、この日は道長の三女、 威子(いし) (1000~36)が後一条天皇(1008~36)の皇后になったことを祝う (うたげ) が開かれ、歌が詠まれたのはその二次会だった。祝宴には道長と子の摂政・藤原頼通(992~1074)をはじめ、左大臣、右大臣など貴族たちがそろって参加し、二次会も座る隙間がないほどのにぎわいだったという。あちこちで (さかずき) が回され、道長ら政権の重鎮も酒を注ぎ合った。

 道長が当時右大将だった実資に「今から座興で歌を詠むので返歌せよ」と命じて「望月の歌」を詠んだのは、盃が一巡した後のことだ。実資は「優美な歌で、返歌のしようがない。皆でただこの歌を詠じてはどうか」と出席者に呼びかけて、一同がこの歌を数回吟詠した。道長も歌を返さなかった実資を責めなかったという。

 実資は故実有職に詳しい当代一流の知識人で、道長に () びずに意見することも辞さない気骨のある人だった。このためこれまでは、実資が返歌を拒んだのは権勢を自慢する「望月の歌」に内心あきれたからで、とはいえ祝いの席を台なしにするわけにもいかず、仕方なく出席者に歌の唱和を促したのだろうと思われてきた。一同は道長の機嫌を損ねないよう「望月の歌」を唱和し、道長も機嫌を直した、というわけだ。道長におもねり、即興の歌を声を合わせて唱和する貴族たちの姿が目に浮かぶようで、「望月の歌」を従来のように解釈する限り、何の 齟齬(そご) も感じない。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2165153 0 今につながる日本史 2021/06/30 10:00:00 2021/07/13 23:06:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210628-OYT8I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)