[マンガのくに]天使と悪魔<1>「神になる話」幸せを問う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 天使と悪魔。キリスト教世界ではまず聖書でしょうが、日本ではマンガを通じて浸透していったところがあると思います。それぞれ善と悪の象徴のようで、意外にねじれているところも面白い。かなえたい願いがある時、あなたはどちらを呼びますか?(編集委員 石田汗太)

自殺志願者 救うのは・・・

『プラチナエンド』より、天使のナッセ(右)と明日(ミライ)。天使の翼と矢の使用には特定のルールがあり、神候補の間で激しい頭脳戦が展開される (c)大場つぐみ・小畑健/集英社
『プラチナエンド』より、天使のナッセ(右)と明日(ミライ)。天使の翼と矢の使用には特定のルールがあり、神候補の間で激しい頭脳戦が展開される (c)大場つぐみ・小畑健/集英社

 〈私は明日ミライくんを幸せにしに来たんだもん!〉

 人生に絶望し、ビルの屋上から身を投げた少年、架橋かけはし明日ミライを救ったのは、特級天使のナッセ。自由に飛べる「天使の翼」と、人の心に刺す「天使の矢」をもらった明日ミライだが、それは同時に、次代の「神」を選ぶ命がけのレースに参加することでもあった。

 2015年から「ジャンプスクエア」で連載中の『プラチナエンド』(原作・大場つぐみ、漫画・小畑健)は、これまでの常識を覆すような異色の「天使マンガ」だ。

 大場さんと小畑さんは「週刊少年ジャンプ」で『DEATH NOTE』(03~06年)を大ヒットさせた名コンビ。同作で「死神しにがみのノート」を手に入れた夜神やがみライトは、ゆがんだ正義感で「新世界の神」になろうとした。本作も人間が「神になる話」だが、趣はかなり違う。

 『DEATH』の死神リュークは恐ろしくも愛嬌あいきょうがあったが、『プラチナ』の天使たちは「高貴さ」と「不気味さ」が同居する存在だ。ナッセの底なしの無邪気さは時に「残酷」に感じられる。天使なのか悪魔なのか、わからなくなるほどに。

■神は必要か

 「天使も悪魔も死神も実在するとは思っていないので、話を面白くするためのキャラクターでしかありません」と原作の大場さんは語る。「小畑先生は、私がイメージしたものより、はるかに美しく神秘的な天使を描いてくれて、ありがたく思っています」

 それぞれ別の天使がサポートする「神候補」は明日ミライを含め13人。中には人の命を何とも思わない邪悪な者もいる。明日ミライライトとは対照的に「誰も傷つけない」平和主義を貫くが、それゆえの苦悩も深い。

 天使が救おうとするのは、生きる希望をなくした者。つまり「神候補」に幸福な人はいない。何とも強烈なアイロニーだが、本作が「今」を映すのは、まさにこの点だ。

 「あくまでこのマンガの中では、人間や文明の進歩とそれに伴う豊かさが、若者の自殺の要因のひとつになっています」と大場さん。「生きることに必死で、自殺を考える暇もなかった大昔と比べ、今、SNSという文明の産物による誹謗ひぼう中傷で自殺する者がいるのは、スマホを持てる裕福さゆえとも言えます。一方で、裕福さが偏り、生じた格差から絶望し、自殺を選ぶ者もいるかと」

 神候補同士のバトルアクションを展開しつつ、「幸せのために神は必要か」を問いかける思索のドラマでもある。大場さん自身は「特定の神を信じろと言われるのはイヤですが、『自分だけの神』は必要だとも思う」と言う。「『幸せ』に答えはないので、読者にいろいろ考えてもらえたらうれしいです」

■かわいい悪魔

『ファウスト』より。メフィスト(左)は、ほぼ全編通じて子犬の姿。ソ連のアニメ『せむしの仔馬』の影響も強いという (c)手塚プロダクション
『ファウスト』より。メフィスト(左)は、ほぼ全編通じて子犬の姿。ソ連のアニメ『せむしの仔馬』の影響も強いという (c)手塚プロダクション

 自殺を止めるのが、悪魔の場合もある。手塚治虫の『ファウスト』(1950年)で、毒をあおろうとしたファウスト博士の前に現れたのは、黒犬の姿をした悪魔メフィストだ。悪魔は、博士が人生に満足できたら地獄に連れていくという契約を交わす。

 原作は文豪ゲーテ(1749~1832年)の有名な戯曲。この長大な古典を約120ページに圧縮した手塚の手腕もすごいが、それ以上に、メフィストを「かわいく」描いているのが印象的だ。日本のマンガでは、天使よりも“悪魔びいき”の傾向が強い。そのルーツは、この手塚アレンジにあるのかもしれない。

 手塚は『ファウスト』を生涯に3度もマンガ化したが、ゲーテと悪魔に魅せられたのは、手塚だけではなかった。もう1人の巨人を忘れるわけにはいかない。

 その名は、水木しげる。

 [マンガのくに]天使と悪魔<2>黒魔術 貧乏を倒すため
 [マンガのくに]天使と悪魔<3>善悪あいまい、正邪の逆転

無断転載禁止
999341 0 一押しマンガ 2020/01/14 11:21:00 2020/04/16 16:25:08 エトキ別送 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200114-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ