リアルなSF戦争叙事詩、最後に来る静かな感動…三宅乱丈『イムリ』

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 石田汗太

三宅乱丈『イムリ』(KADOKAWA、全26巻)
三宅乱丈『イムリ』(KADOKAWA、全26巻)

 前回、新しいマンガの方法論としての<世界観エンタメ>について書いたが、まさにそれを体現するようなSFファンタジーの大作が、今月、全26巻で完結した。「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)に14年にわたり連載された、()(やけ)(らん)(じょう)さんの『イムリ』である。

 冒頭から、作り込まれた異世界設定に圧倒される。カーマ、イコル、イムリの3民族が住んでいたルーン星は、4000年前の戦争で、カーマの兵器のため氷に閉ざされた。カーマの民は勝利したが、隣星マージへの移住を余儀なくされ、イコルを奴隷民として文明を繁栄させていた。

 主人公デュルクは、カーマ社会の宗教系エリート「呪師」候補生の少年。マージではなぜか子どもが生まれず、カーマの支配層である呪師たちは、氷が溶け始めたルーンに帰還する計画を進めていた。

 覚者(下級呪師)ラルドのお付きの研修生としてルーンに派遣されたデュルクは、呪師の権力を奪おうとする軍人のクーデターに巻き込まれ、荒野へ脱出。イムリの旅人ドープに出会い、カーマとは違う、自然と共生する文明を、イムリがルーン星で築いてきたことを知る。

 かつてカーマと戦ったイムリには、体に宿して使う古代兵器――「道具」に関する伝承詩があり、それが現在のイムリに解明されることをカーマは恐れていた。その「道具」は偶然に、デュルクの体に入れ墨のように刻印され、カーマ軍人を惨殺する。デュルクの両親は実はイムリであり、彼はイムリの民から、カーマの侵略に抵抗する「伝説のイムリ」と呼ばれるようになる。

 イムリは必ず双子で生まれ、2人は心で結びつく。デュルクにも双子の片割れミューバがいた。しかし、養父の呪師デュガロの策謀でデュルクを憎み、カーマの冷血な指揮官となる。疑心と憎悪の連鎖は止まらず、両民族は再び泥沼の戦争に突入する……。

 長々とあらすじを説明してしまったが、これでまだ最初の7巻くらいだ。ものすごい情報量と、()(とう)のストーリー展開がおわかりいただけると思う。だが実は、最大の面白さをまだ書いていない。

残り:1974文字/全文:2850文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1420263 0 一押しマンガ 2020/08/20 10:00:00 2020/08/20 10:11:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200819-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ