ドラえもんに受け継がれた『丸出だめ夫』ボロットの遺伝子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 石田汗太

・森田拳次『丸出だめ夫』(講談社など、電子版はebookjapanで配信中)

『丸出だめ夫』第1巻(アース出版局)。お釜は父が発明したタイムマシンだ
『丸出だめ夫』第1巻(アース出版局)。お釜は父が発明したタイムマシンだ

 だめな男の子に寄り添い、いつも味方になってくれる、家族みたいなロボット――と言えば、誰もが『ドラえもん』を思い出すだろう。しかし、あの国民的ネコ型ロボット以前にも、マンガの世界に、そんなロボットがいたことをご存じだろうか。

 それが本作『丸出だめ夫』に登場する「ボロット」である。今回はちょっと「名作を訪ねて」風にいかせてもらいます。

『おそ松くん』と人気を二分

 森田拳次さんの『丸出だめ夫』は、「週刊少年マガジン」(講談社)で、1964~67年に連載された大ヒットギャグマンガだ。66年にテレビドラマになったので、そちらで覚えている人も多いかもしれない。

 講談社KCコミックスで出た全12巻は、古書でも極めてレアになっている。ここに掲げた書影は、やっと手に入れたアース出版局版(1992年)のもの。長い間、まとめて読むのが難しかったが、近年、ebookjapanで電子書籍化され、手軽に読めるようになったのがうれしい。

 赤塚不二夫さんの『おそ松くん』(1962~69年)と人気を二分したことでも知られる。こちらは「週刊少年サンデー」(小学館)の看板作品だった。このライバル関係に注目したテレビ局が「まんが海賊クイズ」というチーム対抗クイズ番組まで作ったほどだ。司会は黒柳徹子さん。森田さんが「だめ夫チーム」、赤塚さんが「おそ松チーム」を率いてレギュラー出演した。マンガ家がお茶の間タレント化する走りだったかもしれない。

 現在も新作アニメが作られ続ける『おそ松くん』(いや『おそ松さん(、、))』か)に比べ、『だめ夫』は残念ながらすっかり忘れられている(1991年に一度テレビアニメ化されている)。コミックマーケット創設者の一人でマンガ評論家の米沢嘉博さんは、『だめ夫』を昭和30年代<横丁ユーモアマンガ>の最終項と評した。その一方で、森田さんの乾いた笑いのセンスは、『おそ松』時代の赤塚さんより進んでいたとも指摘している。

「涙の家出」で人気を不動に

だめ夫とボロット。ちゃんと1コママンガになっている©森田拳次
だめ夫とボロット。ちゃんと1コママンガになっている©森田拳次

 小学4年生のだめ夫は、天才発明家・丸出はげ(てる)博士の一人息子(余談だが、ドラマ版で博士を演じた十朱久雄は名俳優・コメディアンで、女優・十朱幸代の父だった)。まったく勉強ができず、テストは0点ばかり。「まるで、だめだね」と叱られてばかりのだめ夫だが、性格は能天気でクヨクヨしない。同じくさえないメガネ少年でも、のび太とちょっと違うところだ。

 カンヅメ頭のロボット、ボロットの初登場は連載第12回。だめ夫の「弟」として父が作った。<弟のロボットが にいさんのだめ夫より 頭がいいとこまるだろ>という親心(?)で、最初は頭の悪いポンコツだったが、だめ夫がすしのワサビを食べさせると、ショックで天才に変身。以後、だめ夫の良き相棒となる。ボロットには音声機能がなく、セリフが全部「手書きボード」というのもチャーミングだった。

 だめ夫の母は早世している。家事全般を引き受けるボロットは、だめ夫の弟というより、一家を支える主婦の役回りに近い。ボロットは、だめ夫の母の写真を見て、けなげに女装さえする。

 第3巻に、ボロットが初めて家出する話がある。その最大の原因は、金持ちの依頼で新しいロボットを開発するため、父とだめ夫がボロットの欠点を数え上げたことだ。

 <しゃべらない スマートじゃない 家の用ばかりしてあそんでくれない>(だめ夫)
 <わしにこづかいをくれない それに いっしょにごはんをたべられないし……>(父)

 ちょっとあんまりである。昭和の主婦の苦労がしのばれる。ボロットは布団の中でしくしく泣き、書き置きをして家出する。さすがに丸出父子も反省して後を追うが、ボロットが醸し出した哀愁は、もはやギャグマンガの域を超えていた。

 私も「マガジン」で読んだこの回はよく覚えている。おそらく反響も大きかっただろう。ボロットが名キャラクターになった瞬間だ。『だめ夫』人気のかなりの部分は、ボロット人気だったと言ってもいいはずだ。

残り:2594文字/全文:4546文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1583619 0 一押しマンガ 2020/10/29 10:00:00 2020/10/28 16:21:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201026-OYT8I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ