読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

読んでなくても熱く語れ! 読書の秋の名著×友情マンガ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 石田汗太

()(かわ)ユウキ『バーナード嬢(いわ)く。』(一迅社、既刊5巻)

『バーナード嬢曰く。』第1巻。各巻の表紙にも「読書名言」がある
『バーナード嬢曰く。』第1巻。各巻の表紙にも「読書名言」がある

 秋の読書週間の名物、10月末の毎日新聞の「読書世論調査」と「学校読書調査」が、今年は掲載中止になった。コロナの影響で実施が困難になったという。これは寂しい。

 「読書世論調査」は1947年から、「学校読書調査」は1954年から、ほぼ毎年行われてきた。日本人の読書行動の定点観測としては最も歴史の長い調査で、ライバル紙ながら毎年楽しみにしていた。「学校読書調査」を毎日新聞と共同で行っている全国学校図書館協議会に聞いたところ、コロナ禍で授業時間が圧迫されたため、この調査で、児童生徒や先生にさらに負担をかけるわけにいかないという、苦渋の決断だったそうだ。

マンガは読書に入る? 入らない?

 私が両調査に注目していたのは、活字本のみならず、「マンガの読まれ方」をしばしばテーマにしてきたからでもある。例えば、2017年10月26日の「第71回読書世論調査」では、「マンガやアニメを日本独自の文化として誇りに思うか」という質問に対し、「思う」が65%に達している。「思わない」は、わずか5%にすぎない。

 また、2015年10月27日の「第61回学校読書調査」では、「活字をたくさん読む子どもほどマンガも積極的に楽しむ傾向」があると指摘されている。つまり、マンガは活字離れの元凶ではないということだ。「マンガを教育に役立てるべし」という大学教授の談話もあって、これはある意味〝歴史的転換点〟ではないかと思う。

 一方、「マンガを読んでも読書とは言えない」と考える人もまだまだ多い。読売新聞が運営する女性向け掲示板「発言小町」で、2016年に「マンガは読書の(はん)(ちゅう)でしょうか」というトピが立ち、話題になったことがある。この時は「読書だと思う」人が2割にとどまった。「読書世論調査」や「学校読書調査」でも、読んだ本の数をたずねる質問では、基本的にマンガや雑誌などを除いている。途中で条件を変えると統計にならない事情もあろうが、マンガ≠読書という考えは、今なお崩れていないという見方もできる。

 うーん、どっちなんだ。

「読まずにすませろ」と言ったショーペンハウアー

『読書について』。岩波文庫では「ショウペンハウエル」。約170年前の本なのに「売れてる本には手を出すな」的な箴言(しんげん)が実に今っぽい
『読書について』。岩波文庫では「ショウペンハウエル」。約170年前の本なのに「売れてる本には手を出すな」的な箴言(しんげん)が実に今っぽい

 ドイツの哲学者ショーペンハウアー曰く――。

 <読書は、他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるにすぎない>(『読書について』斎藤忍随訳、岩波文庫)

 何と「本を読みすぎると、自分の頭でものを考えられないバカになるぞ」と言っているのだ。実はこれ、施川ユウキさんの『バーナード嬢曰く。』からの孫引きだ。私は『読書について』を、てっきり読書のススメだと思っていた。びっくりして元本の岩波文庫を読むと、<したがって読書に際しての心がけとしては、読まずにすます技術が非常に重要である>とまで書いてある。ショーペン先生、そんなこと言っちゃっていいんですか?

 今回紹介する『バーナード嬢曰く。』は、まさに、ショーペンハウアー流の<読まずにすます技術>についてのマンガだと言える。

読まずに「読書家キャラ」になりたい

鋭い「読書あるある」も満載。「本を読んでいるとヒマに思われ、スマホをいじっていると多忙感を出せる」というのは、腹が立つがその通り(第4巻から)©施川ユウキ/一迅社
鋭い「読書あるある」も満載。「本を読んでいるとヒマに思われ、スマホをいじっていると多忙感を出せる」というのは、腹が立つがその通り(第4巻から)©施川ユウキ/一迅社

 主人公・町田さわ子は、活字が苦手なのに「読書家キャラ」に憧れる女子高生。「バーナード嬢」(バーナード・ショー?)は自称で、略して「ド嬢」と呼ばれる。いつも学校図書室に入り浸っているが、本への集中力は5分と続かない。それでも読書家と呼ばれたいさわ子の野望は、果たしてかなうのか……。

 本好きが聞いたら目をむきそうな設定だが、実はかなり真面目な「読書マンガ」である。図書室の常連には、シニカルな秀才・遠藤、図書委員でザ・文学少女の長谷川スミカ、ガチのSFオタクである神林しおりがいて、読まずにラクしたがるド嬢に、様々なツッコミを入れまくる。そのやりとりが、対象となる本の絶妙なレビューになっているのだ。

 『読書について』もその一冊だが、テッド・チャン『あなたの人生の物語』(浅倉久志他訳、ハヤカワ文庫)や、ブッツァーティ『タタール人の砂漠』(脇功訳、岩波文庫)、吉村昭『(くま)(あらし)』(新潮文庫)など、こんなに「面白そう!」と思わせる紹介は、ちょっと読んだことがない。私も実際に何冊か買ってしまったくらいだ。

 ド嬢にもニワカなりのこだわりがあり、例えば「あらすじでわかる世界の名作文学」的なものをきっぱり否定する。

 <あらかじめ仕組まれた お仕着せのあらすじで 読んだ気になるなんて/読んでない本を読んだ気になるのに 楽をするな!!>

 そのくせ、村上春樹翻訳ライブラリー『グレート・ギャツビー』(スコット・フィッツジェラルド、中央公論新社)1冊で、村上春樹を読んだことにして、さらに一石二鳥で、現代アメリカ文学も「(おおむ)ねわかった気になれそう」などと、スゴイことを平然と言う。

 しかし、本に対する熱意だけは本物。ド嬢と図書室の仲間たちは、様々な名著や話題作を媒介として、気の置けない友情を育んでいくのである。

残り:2449文字/全文:4995文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1652411 0 一押しマンガ 2020/11/26 10:00:00 2020/11/26 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201124-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)