読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

天才の息子は、なぜ父・治虫の「不人気作」を映画にしたのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 石田汗太

・手塚治虫『ばるぼら』(講談社、手塚治虫文庫全集など)

『ばるぼら』(手塚治虫文庫全集)
『ばるぼら』(手塚治虫文庫全集)

 手塚眞監督の新作映画『ばるぼら』が全国公開中だ。原作は手塚治虫が1973~74年に「ビッグコミック」(小学館)に連載した青年向けマンガ。現在59歳の手塚監督が、父の作品を実写映画化するのは、意外だが、これが初めてだ(アニメでは『ブラック・ジャック』の監督を務めたことがある)。

 この映画について、手塚監督にインタビューする機会があった(11月18日、読売新聞朝刊文化面)。一番聞きたかったのは、数ある手塚治虫作品の中で、なぜ『ばるぼら』を選んだのかということ。かなりの手塚ファンでも「どんな話だっけ?」と首をひねりそうな作品だからだ。

酔っ払いのフーテン娘は「芸術の女神」

 小説家の美倉洋介が、新宿駅の雑踏で、酔っ払いのフーテン娘・バルボラを拾うところから物語は始まる。(たん)()的作風で、ダンディーな風貌(ふうぼう)からマスコミの寵児(ちょうじ)でもある美倉は、私生活では自らの変態性欲に悩んでいたが、それが創作の源泉であることを自覚してもいた。

 不思議な力を持つバルボラは、美倉が異常な事件に巻き込まれるたびに彼を救う。バルボラの正体は永遠の時を生きる魔女で、芸術家に霊感を与えてきたミューズでもあった。ある事件をきっかけに、彼女は姿を消す。美倉はバルボラを探し求めるが……。

モヤモヤした結末、影の薄い異色作

映画『ばるぼら』で、伊ファンタ・フェスティバル最優秀賞を受賞した手塚眞監督(11月17日、日本外国特派員協会で)
映画『ばるぼら』で、伊ファンタ・フェスティバル最優秀賞を受賞した手塚眞監督(11月17日、日本外国特派員協会で)

 「有名な作品とか、そういうことは一切なしに、自分が純粋にやりたいと思う作品はどれだろう、と選んだら『ばるぼら』だったんです」。手塚監督はそう語った。

 「子どもの頃は単純に、幻想的なところが面白いと思っていたんですが、大人になって読み返すと、その幻想の中にいる人間たち、特に美倉の生きざまが非常に人間くさい。芸術を追いかけるのか、それとも仕事の成功を追い求めるのかという、リアルな葛藤にひかれたんです」

 『ばるぼら』は、「ビッグコミック」で『(あや)()』と『シュマリ』の間に連載された。両作とも重厚でシリアスな作品として人気が高いが、その谷間の『ばるぼら』は、やや影が薄い。手塚作品には珍しく、物語がスッキリせず、謎が謎のままでモヤモヤして終わるからだろう。

 「父は、『ばるぼら』を割と楽しんで描いたんじゃないかという気がします」と手塚監督。「本人の気持ちが、ストレートに作品に反映しているんじゃないでしょうか」

『リボンの騎士』に影響を与えたオペラ映画

英映画『ホフマン物語』ブルーレイ版
英映画『ホフマン物語』ブルーレイ版
『観たり撮ったり映したり』(キネマ旬報社)
『観たり撮ったり映したり』(キネマ旬報社)

 手塚は、<この物語をかこうとしたのは、オッフェンバッハのオペラ「ホフマン物語」からのインスピレーションです>とあとがきで書いている。<「ホフマン物語」は、ぼくにとって青春の感慨であり、人生訓なのです>

 手塚が『ホフマン物語』を初めて見たのは、オペラの舞台ではなく、オペラ版をベースに、マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガーが映画化したもの(1951年英映画、52年日本公開)と思われる。

 『()たり撮ったり映したり』(キネマ旬報社)という映画エッセー集に、その時の感激が書かれている。それによると、『ホフマン物語』は、1953年から「少女クラブ」で始まった『リボンの騎士』にも相当の影響を与えたらしい。手塚いわく、<ぼくという男は感動した映画なり小説なりを、恥も外聞もなく自作に組み込んでしまう悪いクセがある>。

 この映画は、人気バレリーナのモイラ・シアラーが踊る豪華な大作だったが、実験的すぎたのか、興行的に失敗し、長らく「幻のフィルム」だったそうだ。現在では、ちゃんとレストアされたブルーレイ版が出ている。

 私もこれまで見たことがなかった。手塚監督へのインタビューの後、一体どんなものなのかと鑑賞し、うーん、なるほど……とうならされた。

「自動人形オランピア」の首

 オペラ版『ホフマン物語』の原作は、ドイツ・ロマン派の文豪として名高いE.T.A.ホフマン(1776~1822)の小説だ。ただし、『ホフマン物語』という名の本や小説はない。ホフマンの三つの短編『砂男』『クレスペル顧問官』『(おお)(みそ)()の夜の冒険』をつなぎ合わせて三幕ものとし、共通の主人公をホフマンに変えて、彼が酒場の学生たちに、かつて恋した3人の女性について語るという「額縁」をつけたのがオペラ版であり、映画版だ。

 この映画を見ると、手塚が『ばるぼら』でやりたかったことがよくわかる。

残り:3563文字/全文:5900文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1723706 0 一押しマンガ 2020/12/24 10:00:00 2020/12/24 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201221-OYT8I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)