読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ギリシャのならず者ブルース、翻訳マンガに革命起こすか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 石田汗太

・ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』(原正人訳、サウザンブックス)

『レベティコ』日本版表紙はオリジナルデザイン。インパクトある絵は作中のごく小さなコマから取られた
『レベティコ』日本版表紙はオリジナルデザイン。インパクトある絵は作中のごく小さなコマから取られた

 年末年始、移動中のクルマでかけっぱなしにしていたのが、米津玄師とLiSAとマルコス・ヴァンヴァカリスだった。最後の1人は「誰?」と思われるだろう。1920年代のギリシャで発生したポピュラー音楽「レベティコ」(複数形はレベティカ。レベーティカ、レンベーティカとも)の祖と呼ばれるミュージシャンだ。

 ネットで探して、2枚組みのCDを手に入れた。マンドリンの首を長くしたような「ブズーキ」という弦楽器を弾きながら歌うマルコスは、渋いというよりダミ声で、メロディーも単調。米津玄師と一緒に聴くと、なおさら素朴さが際立つ。レベティコは「ギリシャのブルース」と呼ばれるが、「ギリシャの演歌」の方が合っていそうだ。ジャンル的には西洋音楽なのに、中東かアジアの雑踏にいるような、不思議なムードにひたれる。

 突然、こんなCDを聴き始めたのには訳がある。年末に、『レベティコ―雑草の歌』を読んだからだ。バンド・デシネ(BD(ベーデー))と呼ばれるフランスマンガの翻訳である。

つらい人生を忘れるランチキ騒ぎ

『レベティコ』作中に登場するマルコス。実在のミュージシャンがモデル
『レベティコ』作中に登場するマルコス。実在のミュージシャンがモデル

 舞台は1936年のギリシャ・アテネ。監獄で半年間の服役を終えたマルコスが出所する。この年、ギリシャはヒトラーに心酔する元軍人メタクサス首相による独裁が始まり、スラム街の酒場やハシシ(大麻の一種)窟などがライブ拠点となるレベティコは、風紀を乱す音楽として、演奏自体が取り締まりの対象になっていた。

 リーダー格のマルコスを、仲間のミュージシャンたちが出迎える。麻薬密売人でけんかっ早いスタヴロス、陽気で食えないオヤジのバティス、チャラいが繊細なアルテミス、不倫相手の夫ともめ事を起こして逃走中の「犬っころ」。定職を持たず、「レベテース」あるいは「マンガス」(いずれも「ヤクザ者」の意)と呼ばれる彼らは、ハシシの水タバコで再会を祝し、久々に全員そろって夜の酒場でセッションする。興に乗った客がスローな回転ダンスを踊り、酔っ払い同士で流血の乱闘も起こる。ここにいる誰もが社会の負け犬。つらい人生を一時忘れるランチキ騒ぎの長い夜は、今始まったばかり……。

「どいつもこいつも死刑にしてやる」

 このマルコスのモデルが、ギリシャ人なら誰もが知るという名曲「フランゴシリアニ」などを作ったマルコス・ヴァンヴァカリス(1905~72年)だ。他の何人かのミュージシャンにもモデルがいるらしい。ただし、物語自体は実録ではなく、あくまでフィクションのようだ。

 とにかく魅力的なのが、あぶれ者ミュージシャンたちの個性豊かな生態。全てのコマが映画のシーンのようにキマっている。ハシシの煙が渦巻くシーンの数々は、私たちの感覚からはいただけないが、当時のアテネのスラム街では日常風景だったのだろう。

『レベティコ』から。音が聞こえそうな演奏シーンは本作の見せ場。手前の客がゆったりと即興ダンスを踊る
『レベティコ』から。音が聞こえそうな演奏シーンは本作の見せ場。手前の客がゆったりと即興ダンスを踊る

 マルコスの評判を聞きつけ、米コロムビア社のスカウトが酒場のライブに現れる。しかしマルコスは、検閲に引っかからないような、甘ったるいお上品な音楽を録音しても、<そこに現実はねえ!>と言い放つ。

 <オレたちの周りにいる港の男どもを見てみろよ ヤツらはここに来て オレたちが歌う真実に酔う オレたちの人生はつながってるのさ…>

 違法演奏のカドで憲兵に追われ、夜の海に仲間とボートでこぎ出し、マルコスはなおも歌う。

 <オレは首相に立候補してみようかと思う ダラダラ暮らし 好きなように飲み食いするために オレは首相に立候補してみようかと思う 議会に行って どいつもこいつも死刑にしてやる 全員に水タバコをやらせてやる ヤツらが全員ハイになるまで>

 このすごい歌、『マルコス大臣』というタイトルで、本当にあるそうだ。この物語から5年後の1941年、アテネはナチス・ドイツに占領される。迫り来る不穏な空気の中で、無頼の音楽家たちは歌い続ける。一見ダラダラ陽気に、しかし心は熱くハードに。

クラウドファンディングで翻訳実現

訳者の原正人さん。BD紹介者としても活躍
訳者の原正人さん。BD紹介者としても活躍

 訳者の原正人さんは、ニコラ・ド・クレシー『天空のビバンドム』(飛鳥新社)、メビウス『アンカル』(A・ホドロフスキー原作、小学館集英社プロダクション)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)など、数々の傑作BDを翻訳してきた第一人者。『レベティコ』の原著を2009年に読み、すぐに「訳したい」と思ったが、レベティコという音楽は、まったく知らなかったという。

 「ギリシャにこんなブルースみたいな音楽があるんだと、びっくりしたくらいです。一番ひかれたのは、絵にすごく色気があって、ミュージシャンたちの着こなしがカッコいいこと」

 例えば、アルテミスはジャケットを肩に引っかけ、片袖だけ腕を通すという不思議な着こなしをしている。

 「後で知りましたが、上着の片方だけ袖を通すのは、マンガス独特のスタイルで、刃物で襲われた時、とっさに上着を盾にするためだそうです。そんな奥深いディテールがわかるにつれ、ますます好きになりました」

『レベティコ』から。原さんがほれ込んだアルテミスの着こなし。憲兵の目の敵にされている
『レベティコ』から。原さんがほれ込んだアルテミスの着こなし。憲兵の目の敵にされている

 原さんは『レベティコ』を様々な出版社に売り込んだが、何しろ舞台も音楽も日本人になじみがない。「商業的に難しい」と断られ続けた。「それなら自分で動くしかない」と、サウザンブックス社と組み、クラウドファンディングで支援を募り始めたのが2019年11月。約3か月で目標を30%近く上回る金額を集め、20年10月に同社から刊行された。後述するが、これはかなり画期的なことである。

残り:2612文字/全文:5525文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1767692 0 一押しマンガ 2021/01/14 10:00:00 2021/01/14 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210112-OYT8I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)