読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「鬼マンガ」50年史<中> 手塚治虫は「まつろわぬ鬼」の側に立った

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 石田汗太

 鬼を主人公にした手塚治虫の唯一の長編が、「週刊少年キング」1969年1月1日号から始まった『鬼丸大将』だ。前回紹介した永井豪さんの『鬼―2889年の反乱―』より1年早い。その手つきは、いかにも手塚らしいものだ。

比良山の鬼は漂着ローマ人

『鬼丸大将』(手塚治虫文庫全集)。この頃の手塚のペンはキレキレである
『鬼丸大将』(手塚治虫文庫全集)。この頃の手塚のペンはキレキレである

 平安時代の京都。比良の山には人()い鬼が3匹()むと言われた。青い目で金髪の子鬼はしばしば都に下りて騒ぎを起こしていた。子鬼の名は鬼丸。「パーちゃん」と呼ばれる巨漢の父鬼は、実はローマ帝国の元軍人。戦争でイスラム帝国の捕虜となり、奴隷として東方に運ばれ、船から脱出して日本に漂着したのだ。「マーちゃん」と呼ばれる母ぬいは里の女性だが、異国人の夫を心から愛していた。

 <昔の日本人は そんな外人を見て どう思ったでしょうか>

 物語の冒頭、手塚自身が登場して解説を加える。

 <目が青くって かみの毛が金色やまっ赤で 毛むくじゃらで でっかくて…………これこそ鬼です! そう そう きっと鬼か妖怪の一種だと思ったでしょうね>

 鬼の正体が異国人だという説は、江戸時代からあった。明治に日露間の緊張が高まると、酒呑(しゅてん)童子=ロシア人説が流れた。昭和初期には、酒呑童子は西洋人だという説が一般にも広まる。人間の血に見えたのは赤ワイン、獣肉を食す習慣が人喰いに間違われたというわけだ。酒呑童子は丹後に漂着したドイツ人貴族シュタイン・ドッチだという根拠不明の奇説(冗談?)もあり、1950年代に作家の村上元三氏が短編小説にしているという。本作もそれに影響された可能性はある。

早すぎた歴史大作、『火の鳥』で雪辱?

 『鬼丸大将』に話を戻そう。鬼を成敗して英雄になろうと、貴族の藤原良範の軍勢が鬼丸一家を襲う。その中には鬼退治で名をはせる渡辺綱もいた。父鬼と鬼丸は捕らわれて都へ連行され、朱雀門でさらし者になる。鬼丸はぬいが起こした混乱に乗じて逃走、羅生門に立てこもる。彼を救ったのは良範の娘・春菜と、東国から来た若き武者・相馬小二郎。またの名を、平将門……。

 手塚のあとがきによると、本作には原作者がいた。その名はクレジットされていない。

 <それなりにまとまっているシナリオは、実写ドラマならともかく、漫画化するとかならず失敗すると、ぼくは感じました>

 <でも、しめきりの時間ぎれのため、しかたなく連載をはじめてしまいました>

 手塚は、最初からシナリオをかなり大胆に変えたらしい。しかし人気は出ず、わずか半年で終了してしまった。少年誌にしては<さすがに地味>だったと手塚は述懐するが、鬼丸と将門が手を組んで都に反旗を翻し、民衆の独立国家「ローマ」を打ち立てようとする物語のスケールはなかなか壮大で、逆境に負けない悪童・鬼丸のキャラクターも明るく生き生きしている。誠に惜しい、早すぎた歴史大作と言うしかない。この時の反省が、『火の鳥 鳳凰編』(1969年「COM」)や、『火の鳥 乱世編』(1978年「マンガ少年」)などに生かされていると感じる。

「いいえ、これは鬼でございます」

 『鬼丸大将』の連載が始まったのは、学生が占拠した東大安田講堂に、機動隊が突入した事件(1969年1月18日)の直前だった。手塚の中で、鬼丸たちの反乱は、全共闘運動と重なるところがあったはずだ。『鬼―2889年の反乱―』も、アナーキーな革命と、その挫折を描いている点は同じと言える。だが、当時40代の「大人」だった手塚と、血気盛んな20代の永井さんとでは、やはり描き方の温度差というか、過激度が違う感じではある。

 『鬼丸大将』は〝失敗作〟だったかもしれないが、鬼マンガとして見るべきところは多い。終盤、鬼丸は渡辺綱との一騎打ちで右腕を切り落とされる。その腕を、生き延びていた母ぬいが、巫女(みこ)に化けて取り戻しに来る。

 <その腕はれっきとした人間のもの/人間なのに 鬼とよばれてたけり狂った ある若者の腕なのです>

 渡辺綱がこう言うと、ぬいは答える。

 <いいえ これは鬼でございます/人の子として いかりに心も身も狂えば 鬼にもなりまする>

 ぬいはわが子の腕を奪い返すが、綱に討たれて死ぬ。ここは哀切な名場面だと思う。酒呑童子の家来だった茨木童子の説話を元にしているが、1969年の少年誌では、相当珍しかったのではないだろうか。

残り:3916文字/全文:5844文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1833592 0 一押しマンガ 2021/02/11 10:00:00 2021/02/11 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210209-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)