岸田首相が仕掛けた最大派閥の分断 人事と歴史から見えてくる狙いとは

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

浮き上がった細田派のミシン目

 細田派では、自民党が野党だった時の2012年の総裁選で、それが表面化した。

 清和政策研究会(当時は町村派)会長だった町村信孝・元外相が立候補したにもかかわらず、同じ派閥の安倍氏が出馬したことで、町村派は二つに割れた。

 安倍氏は派閥横断の運動を展開し、総裁の座に復帰するものの、町村派内では福田系と安倍系の間のミシン目がくっきりと浮かび上がった。

 松野氏はその総裁選で、町村氏の側に立った。福田康夫元首相を父に、福田赳夫元首相を祖父に持つ福田達夫氏も、安倍系ではない。

 岸田氏が安倍氏の言いなりなら、こんな人事はしなかったはずだ――。両氏の関係を心配する声は、やがて、「優柔不断で決断力がない」といった岸田氏の評価を見直す声に変わった。

 岸田氏は自身のイメージチェンジのため、あえて安倍氏が眉をひそめる人事を行ったという見方にとどまらず、最大派閥の細田派を分断し、党内のバランスを変えることで、党改革を進めやすくする攻撃的な狙いがあったとの分析もある。

 官房長官人事では、安倍氏に近い細田派の萩生田光一経済産業相が有力候補に擬せられていたが、岸田氏周辺は「首相は初めから、松野氏の起用を決めていた」と証言する。松野官房長官、福田総務会長という配置は、忘れられかけていた同派のミシン目の存在を、再び意識させる効果があった。

1

2

3

4

スクラップは会員限定です

使い方
2442469 0 まつりごと点描 2021/10/14 10:00:00 2022/08/05 17:44:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211012-OYT8I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)