医師が使う「科学的根拠(エビデンス)」とは

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 山口博弥

アビガンは早く承認した方がいい?

 新型コロナウイルスに感染した某有名タレントのAさんは、しばらく入院した後、無事に回復した。Aさんは新型インフルエンザ治療薬のアビガンを飲んでいた。一方、某有名女優のBさんは新型コロナウイルスに感染して症状が悪化し、亡くなった。Bさんはアビガンを飲んでいなかった――。

 この2人の事例から、「なぜアビガンを早く承認して、どの医療機関でも使えるようにしないのか」と考える人、いますよね。私の身近にもいました。

 でも、その思考回路は、あまりに単純です。そこで、6月11日(木)の読売新聞朝刊解説面で、医師が使う「科学的根拠(エビデンス)」という言葉の意味について詳しく書きました(記事はこちら)。

 「詳しく」とは言っても、限られた紙面ではとても書ききれないことも多かったので、補足する意味で今回、改めて科学的根拠について書きたいと思います。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1293737 0 なるほど!医療 2020/06/23 10:00:00 2020/06/30 14:53:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200619-OYT8I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ