読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

はびこるコロナ差別 日本人の「素晴らしさ」はどこに?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 山口博弥

 「日本人は礼儀正しく、勤勉で、謙虚である」
 「日本では財布を落としても、交番に届けられて手元に戻ってくる」
 「日本の電車は驚くほど時間に正確だ」
 「だから日本人って、素晴らしい」

 テレビ番組や雑誌、SNSで、日本人の美点を外国人がこんなふうに称賛すること、けっこうありますよね。こうした文章や映像を見ると、同じ日本人として正直、誇らしく、気分が良くなります。

 いや、正確には、誇らしく、気分が良くなって「いました」。

 上から三つまでの文は、大体その通りかもしれません。でも、4番目の「日本人って、素晴らしい」。これには、今は疑問符がつきます。この春以降、コロナ禍での差別や中傷が、あまりにひどいからです。読売新聞に8月に載った記事から拾ってみます。


ネットでリアル社会で…あふれる中傷や差別

生徒を非難するネット上の書き込み
生徒を非難するネット上の書き込み

 ▽サッカー部員らの感染者が約100人に上った松江市の私立立正大淞南(しょうなん)高校では、「日本から出て行け」「学校をつぶせ」といった学校批判や生徒を中傷するような電話が80件を超えた。

 ▽ラグビー部で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生した奈良県天理市の天理大は、ラグビー部と関係ない一般学生が教育実習を断られたり、アルバイト先から出勤停止を求められたりする事例が5件あったことを明らかにした。

残り:3359文字/全文:4037文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1445053 0 なるほど!医療 2020/09/01 10:00:00 2020/09/01 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200828-OYT8I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)