戦いの後に来る本当の戦い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

政治部デスク 川上修

 たしか、子供の頃にクイズ本で読んだと記憶している。ざっと次のような話だった。

 1914年のある日、ヨーロッパでのこと。男が群衆のところにやって来て、こう叫んだ。「第1次世界大戦が始まった!」

大戦の勃発を報じる読売新聞(1914年7月30日付)
大戦の勃発を報じる読売新聞(1914年7月30日付)

 問いは「この文章でおかしな点を探せ」というものだ。答えは「第1次が不要」である。第1次世界大戦と呼ぶようになったのは、のちに第2次世界大戦が起きてからというわけだ。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1308308 0 デスクの目~政治部 2020/06/29 15:00:00 2020/06/29 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200528-OYT8I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ