立民と国民は山頂目指すパーティーを組めるのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

政治部デスク 川上修

 きょう8月10日は「山の日」である。祝日法によれば、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ために制定された。本来は11日のところ、幻となった東京五輪・パラリンピックの閉会式に合わせるため、法改正で今年に限って1日ずらした。「動かざること山のごとし」という言葉はあるが、「山の日」は人間の都合で作ったものだから、動かすのも意外に簡単ということか。

エベレストのベースキャンプの方角を示す道標。目指す山頂はまだまだ先だ
エベレストのベースキャンプの方角を示す道標。目指す山頂はまだまだ先だ

 政治の世界でも、山が動くことがある。1989年の参院選で、自民党は史上最低の36議席という大敗を喫した。一方、野党第1党の社会党は議席を倍増させ、当時の土井たか子委員長は「山が動いた」との名文句を残した。

 野党第1党の立憲民主党と第2党の国民民主党の合流協議が足踏みを続けている。立民の枝野代表が新党の名称を「立憲民主党」とするよう主張し、国民の玉木代表は投票で決めるよう求め、にらみ合ったままだ。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1395027 0 デスクの目~政治部 2020/08/10 15:00:00 2020/08/07 18:04:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200805-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ