読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「加藤の乱」から20年…元・反乱軍の二人、再び相まみえるか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

政治部デスク 芳村健次

 「あなたが大将なんだから。行くんならみんなで一緒に行こう」

 自民党の谷垣禎一氏が涙ながらに加藤紘一氏を引き留めるシーンを覚えている方も多いだろう。あの「加藤の乱」から20年を迎えた。

 脳梗塞(こうそく)で倒れた小渕恵三首相を継ぎ、2000年4月に就任した森喜朗首相は、就任に至る経緯や度重なる失言で国民の信頼を失った。内閣の不支持率は7割を超え、野党は森退陣を声高に主張していた。11月、加藤氏は森政権の倒閣に動き出す。自ら率いる加藤派(宏池会)と盟友・山崎拓氏の山崎派とともに、野党の内閣不信任決議案に賛成する構えを見せ、森氏に辞任を迫った。

内閣不信任決議案に賛成票を投じようとして、同僚議員に引き留められる加藤紘一・元幹事長(2000年11月20日)
内閣不信任決議案に賛成票を投じようとして、同僚議員に引き留められる加藤紘一・元幹事長(2000年11月20日)

 ところが、野中広務幹事長ら党執行部の猛烈な切り崩しに合い、加藤派は分裂状態に陥る。加藤派幹部の古賀誠氏も鎮圧側に回った。反乱軍は急速に勢いを失い、11月21日未明、内閣不信任決議案は否決された。わずか10日余りで、加藤の乱は幕を閉じた。

 官房長官、政調会長、幹事長を歴任し、次期首相の最有力候補と目されていた加藤氏の政治家人生は一変する。加藤派は真っ二つに分裂し、ともに宏池会を名乗る事態となった。元事務所代表の脱税事件などを受け、加藤氏は02年に議員を辞職。03年に返り咲くが、12年衆院選で落選、16年に77歳で亡くなった。葬儀に訪れた山崎氏は、「いわゆる加藤の乱については、あれは止めなかった僕が悪かった。すまんというほかはありません」と弔辞で述べた。

残り:1104文字/全文:1875文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1694358 0 デスクの目~政治部 2020/12/14 15:00:00 2021/03/03 20:39:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201210-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)