読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

五輪の呪い「首相退陣」、菅首相はジンクス打ち破れるか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

政治部デスク 芳村健次

 永田町に伝わるジンクスが、にわかに注目を集めている。

 新型コロナ禍で異例の無観客開催となった東京五輪は8日、幕を閉じた。大会関係者の辞任ドミノも続き、もやもやしたまま開幕を迎えたが、選手たちの活躍はそれを吹き飛ばしたようだ。読売新聞の全国世論調査(7~9日)では、東京五輪が開催されてよかったと「思う」が64%に上り、「思わない」の28%を大きく上回った。

東京五輪閉会式の翌日に長崎市で記者会見する菅首相
東京五輪閉会式の翌日に長崎市で記者会見する菅首相

 日本で五輪が開催されたのは、夏と冬を合わせて今回で4回目だ。実は過去3回、五輪が開催された年に首相が交代しており、永田町では「五輪の呪い」とも言われている。

 初めて日本で五輪が行われた1964年10月の東京大会。高度経済成長のまっただ中で、日本の戦後復興を世界に印象付けた。当時の首相は、「所得倍増計画」を掲げた池田勇人氏だ。この頃、池田氏は病魔に襲われ、開会式の1か月前に入院。当初、本人に病状は知らされなかったが、がんだった。開会式には病院から駆けつけ、閉会式翌日の10月25日に辞任を表明した。

 72年2月の札幌大会(冬季)。この時は佐藤栄作氏が退陣した。7年8か月の長期政権を築いたが、国民には「飽き」が広がっており、沖縄返還を花道に退いた。98年2月の長野大会(冬季)の年には、橋本竜太郎氏が首相の座を降りた。前年に踏み切った消費税率3%から5%への引き上げは、「景気後退を招いた」と批判され、98年7月の参院選で大敗。辞任に追い込まれた。

左上から時計回りに、池田勇人、佐藤栄作、安部晋三、橋本竜太郎の各氏
左上から時計回りに、池田勇人、佐藤栄作、安部晋三、橋本竜太郎の各氏

 昨年は、1年延期により幻の東京大会となったが、安倍晋三氏が持病の再発を理由に史上最長政権に幕を閉じている。それぞれ事情は異なるものの、世界的なイベントである五輪は、政治にとっても節目になりがちだ。

 今回はどうか。菅義偉首相の自民党総裁任期は9月末まで。新型コロナウイルスへの対応で批判を浴び、政権運営は苦戦を強いられている。それでも、有力な「ポスト菅」の不在で再選は既定路線とされ、党内では「ジンクスは途切れる」と目されてきた。

残り:805文字/全文:1891文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2287173 0 デスクの目~政治部 2021/08/16 15:00:00 2021/08/26 10:14:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210811-OYT8I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)