「血の通った仕事」…三浦春馬さん、3本の主演舞台

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 祐成秀樹

 「演劇は血の通った仕事。いつか皆さんの気持ちを深めると信じています」――。

 これは、最後に私の聞いた三浦春馬さんの言葉。3月27日、東京の日生劇場、主演ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」最終日・昼公演のカーテンコールでの発言です。この作品は、コロナ禍に最も痛めつけられた舞台の一つで、東京公演は予定された31回のうち11回しか実現せず、この日の客席は観客もまばらでした。ただ、三浦さんは前向きで、ファンに再会を力強く誓いました。そんな彼が7月18日に、世を去ってしまうとは、いまだに信じられません。そこで、今回は彼の3本の主演舞台にスポットライトを当てます。

 「よく来てくれた」。三浦さんのようにテレビや映画で名の売れたスターがミュージカルに出演すると聞くと、うれしくて、ついこう言ってしまいます。近年ブームとはいえ、ミュージカルはまだマイナーですから。そんなスターたちの本番を見た時、歌や踊りを懸命に練習した様子がうかがえるとさらにうれしい。三浦さんは、まさにそんな存在でした。爽やかな風貌で芯があり、努力を惜しまない。昨今のペースで出演を続ければ、傑作を生み、ミュージカルへの関心をより一層高めたかもしれないのです。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載禁止
1373549 0 スポットライト 2020/07/30 10:00:00 2020/07/30 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200728-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ