読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

熊川哲也支えた3人が勇退 Kバレエ代替わりの意味は 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 祐成秀樹

 コロナ禍で活動を休止していた熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーも10月15日開幕の「海賊」で公演を再開しました。この朗報の一方、寂しいニュースも飛び込んできました。プリンシパル(最高位ダンサー)の中村祥子さん、遅沢佑介さん、宮尾俊太郎さんが、第一線を退くというのです。彼らは、熊川さんが創作に活動の軸を移してから、Kバレエの躍進を支えてきました。そこで今回は中村さん、遅沢さん、宮尾さんにスポットライトを当てます。

「マダム・バタフライ」のリハーサルに臨む熊川哲也さん(右)と宮尾さん。宮尾さんは同作では振り付け補佐を務めた(2019年)
「マダム・バタフライ」のリハーサルに臨む熊川哲也さん(右)と宮尾さん。宮尾さんは同作では振り付け補佐を務めた(2019年)

 Kバレエは、1999年に設立。初期は熊川さんの圧倒的なパフォーマンス、ある時期からは熊川さんが再演出した古典の名作、近年は熊川さんが創作したドラマチックな舞台で、日本のバレエ団では最高の人気を集めています。熊川版の特色は、登場人物の内面を掘り下げた筋の通った物語、小気味良く美しい振り付け、豪華な衣装や舞台装置など魅力満載。当初、熊川さんは主演も務めて全国公演もしたので、日本中にバレエファンを増やしました。

 しかし、「一枚看板」のリスクは大きかった。2007年に熊川さんが「海賊」の札幌公演中に負傷して長期休演しましたが、公演をやめるわけにはいきません。そこで、急きょ、遅沢さん、宮尾さんら当時の若手が主役を務めるようになったのです。

多才な王子と笑わない男

「大みそか句会」で。(左から)演劇・演芸評論家の矢野誠一さん、俳人の西村和子さんと宮尾さん
「大みそか句会」で。(左から)演劇・演芸評論家の矢野誠一さん、俳人の西村和子さんと宮尾さん
山本雅也さんら若手を指導する遅沢さん(左)(2014年)
山本雅也さんら若手を指導する遅沢さん(左)(2014年)

 3人の中では宮尾さんが一番有名でしょう。1984年生まれ。すっきりした目鼻立ちで見た目は王子そのもの。華やかで温かみのある踊りをします。一方でテレビドラマやトーク番組、映画、ミュージカルにも数多く出演しています。昨年はバラエティー番組「プレバト!!」で俳句の才能が評価され、本紙文化面の企画「大みそか句会」にも参加してくださいました。一方で、ユニット「Ballet Gents(バレエ ジェンツ)」を作ってディナーショーを開くなど、バレエを身近にする活動にも意欲的です。

 遅沢さんは1982年生まれで、雰囲気は「笑わない男」。もちろん笑いますが、顔立ちがそう見えるのです。力強く輪郭のはっきりとした男らしい踊りをします。私は不思議と舞台外での活躍も見ています。まずは、14年のローザンヌ国際バレエコンクール。出場した生徒の付き添いで、色々と助言していました。また、バレエ・マスターを務めており、稽古場で指導する姿も見ました。音楽を口ずさんでポーズを示すと後輩たちの踊りがぐんぐん変わっていくのがすごい。作品を細部まで記憶していて、どう踊るべきかわかっているのでしょう。

欧州で頭角 熊川の目に留まる

「クレオパトラ」を踊る中村さん(中央)(2017年、写真・瀬戸秀美)
「クレオパトラ」を踊る中村さん(中央)(2017年、写真・瀬戸秀美)

 中村さんは別格の存在でした。1980年生まれ。欧州で頭角を現し、04年、東京で開かれたガラ公演に出演した時に、熊川さんの目に留まります。この公演、私も見ました。ワルツを取り入れた作品を、中村さんは優雅に(いき)にダイナミックに踊ったのです。翌年からKバレエに度々客演するようになり、15年に正式入団しました。

 中村さんは身長が170センチ以上もあるため、日本では釣り合う相手役を探すのは困難ですが、遅沢さん、宮尾さんは共に180センチ以上ある上に公演ごとに力をつけていた。理想的な主演ペアを得た結果、Kバレエの舞台のスケールは格段に大きくなり、熊川さん抜きでも観客を満足させられるようになりました。同時に熊川さんの創造力も刺激し、中村さんのカリスマ性を生かした「クレオパトラ」など傑作が生まれました。

進化はアーティストの性

 ただ、常に進化を求めるのはアーティストの(さが)なのでしょう。3人とも前向きな理由で退団します。「その場所が大好きであっても、新しい経験や作品を求めずにはいられない」(中村さん)、「そろそろ次の段階に進む時」(遅沢さん)、「新しい可能性に踏み出すのなら、そのタイミングは今」(宮尾さん)などと、「海賊」の公演パンフレットに思いを披露しています。

残り:1859文字/全文:4002文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1601839 0 スポットライト 2020/11/05 10:00:00 2020/11/04 18:59:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201102-OYT8I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)