読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

石丸幹二が魂の演技、最悪の結末のミュージカル「パレード」が泣ける

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 祐成秀樹

 ミュージカル「パレード」。これまで私が見てきたミュージカル、いや演劇作品の中で、最も(むご)い終わり方をします。しかし、4年ぶりに再演された石丸幹二さんと堀内敬子さん主演の日本版を見て、目頭が熱くなってしまい、改めて傑作だと実感しました。そこで、今回は「パレード」にスポットライトを当てます。

南北戦争の恨み 冤罪事件が題材

2017年の初演について取材した時の石丸幹二さん(左)と堀内敬子さん。「大人が演じれば深みが出せるのでは」と語った
2017年の初演について取材した時の石丸幹二さん(左)と堀内敬子さん。「大人が演じれば深みが出せるのでは」と語った

 なぜ、最悪の結末なのか? それは、米国の(えん)(ざい)事件「レオ・フランク事件」が題材だから。容疑者にされた男の痛ましい最期を描くことで、事件のはらむ問題点を突きつけます。こうした社会性は、セリフ劇が得意としますが、それをミュージカルでやってのけたところに、米ブロードウェーの気概を感じます。世界初演は、巨匠ハロルド・プリンスさんの演出で1998年。アルフレッド・ウーリーさんが脚本、ジェイソン・ロバート・ブラウンさんが作詞・作曲を手掛けました。

 舞台は1913年の米国南部アトランタ。半世紀前の南北戦争の記憶はまだ残り、戦没者追悼記念日に老兵たちのパレードが行われています。同じ日、白人の少女が殺されました。容疑者は、彼女が働いていた鉛筆工場の2人。北部生まれのユダヤ人で工場長のレオ・フランクと黒人の警備員ニュート・リーでした。事件の早期解決を目指す州検事は、住民たちの北部のエリートへの反感やユダヤ人への差別意識を利用して、レオを犯人に仕立てようとします。

石丸幹二&堀内敬子 劇団四季の名コンビが復活

 2017年の日本初演で、レオ役は石丸さん、妻のルシール役は堀内さん。元劇団四季の名コンビが久々に復活することと、創意豊かな妥協なき演出で知られる森新太郎さんがミュージカルを初めて手掛けることで注目されました。当時、私は、込められたメッセージに共鳴したようで、夕刊の劇評に「携わった人々が総力を込めた舞台は現代へ警鐘を鳴らす」と書いています。

コロナ禍に翻弄 スウィングが奏功

 今回の再演は、1月15日に東京芸術劇場で開幕予定でしたが、コロナ禍に(ほん)(ろう)されます。まず石丸さんと、新聞記者役の武田真治さんが新型コロナウイルスに感染してしまいました。そのため、初日から4公演が中止となり17日に開幕することに。ところが、武田さんはインフルエンザにも感染。その結果、代役を田川景一さんが務めると発表されました。この点は、制作したホリプロに先見の明がありました。田川さんはスウィングという役割で、何役もの演技を覚え、出演者にアクシデントが生じた時のために備えていたのです。スウィングは欧米では広く普及していますが、日本ではまだ珍しい。コロナ下、日本でも広まるでしょう。

恐るべき音楽 今につながる閉塞感

プロローグで赤い背景に不気味にそびえ立つ巨木 写真・田中亜紀
プロローグで赤い背景に不気味にそびえ立つ巨木 写真・田中亜紀

 私が観劇したのは28日。武田さんは元気に出演していました。開幕するや、真っ赤な壁面の前にそびえる奇怪な枝ぶりの巨木に圧倒されます。そこで、若い兵士が「ふるさとの赤い丘」という、故郷を守ろうとする南軍兵士の気概をこめた曲を勇壮に歌い上げます。やがて、場面は追悼記念日のパレードに移り、老いた(しょう)()軍人、そして着飾った群衆が歌い継ぎます。

 圧巻は法廷場面です。歌でレオが追い込まれます。圧倒的な歌唱力の検事のコントロールの下、被害者の母が悲しい境遇を訴え、不安げに声を合わせる工場の少女たち、パワフルな声の黒人の清掃員らが(うそ)の証言を重ね、ついには群衆が「殺せ」と激高し、レオに有罪の評決が下ります。

 北部との経済格差が広がり、社会の(へい)(そく)感が強まる中、不満を抱えた人々が不確かな情報を妄信して少数者を責め立てる。ここは初演時より、今のほうが響きます。SNSで広がる顔の見えない人たちによる()(ぼう)中傷など、コロナ下、どこかで見たように思えるのです。

 全編で感じたのは、音楽の恐るべき力です。劇中曲はフォーク、ジャズ、ダンス音楽など当時の南部で好まれた楽しげな曲ばかりですが、この登場人物が歌うと偏狭な郷土愛が浮かび上がります。特に様々な場面に挿入される合唱の効果がすごい。ご機嫌に歌い上げる彼らと、その輪に加われないレオとルシール夫妻とのギャップが際立ちます。

残り:1973文字/全文:3997文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1818208 0 スポットライト 2021/02/04 10:00:00 2021/02/03 19:24:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210202-OYT8I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)