天才子役に市村正親のど迫力演技、絶対ハマるミュージカル「オリバー!」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

市村正親、72歳の名優が醸し出す凄みと軽みと愛嬌

フェイギン役の市村正親さん(右)とオリバー役の小林佑玖さん
フェイギン役の市村正親さん(右)とオリバー役の小林佑玖さん

 魅力その3は、市村正親さんの熱演です。一味の少年たちとスリ稼業の 醍醐(だいご) 味を歌い上げる「ポケットからチョチョイと」など劇中曲を表情豊かに歌ったり、夜な夜な宝石箱のルビーやクリスタルに「かわいこちゃん」と語りかける秘密の趣味を披露して笑わせたりと、飽きさせません。極めつきは、追いつめられて絶唱する「最初から考え直そう」というビッグナンバー。切迫した表情で「死ぬまで悪人でいられるか?」「どうなるんだろう……老後?」など早口の歌で自分の人生を問い直します。

 市村さんは、終始、眼光は鋭く、枯れているようでエネルギッシュです。 (すご) みと軽みと 愛嬌(あいきょう) 、72歳の名優だから出せる味が舞台を引き締めていました。

残り:1278文字/全文:3765文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2457938 0 スポットライト 2021/10/21 10:00:00 2021/10/22 11:56:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)