読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「極端」を排し、「不確かさ」に耐える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 山口博弥

 「○○さえ食べればやせる!」「長生きしたけりゃ△△を食べるな!」

 健康に対する食べ物の影響を、こんな言葉で断言する書籍やテレビ番組、ネット情報は少なくない。過去には朝バナナや納豆ダイエットがブームになり、牛乳や肉は攻撃された。近年では炭水化物の旗色が悪い。

 食べ物が健康に与える影響を過大に評価することを、「フード・ファディズム(food faddism)」と呼ぶ(fadは「流行」を意味する英語)。

 実際は、昔から人類が食べ続けてきた一つの食べ物が、特別に有害だったり、極端に優れていたりすることは少ない。多様な食べ物をバランス良く食べる――。結局は、昔から言い古された普通の食生活が健康につながるのである。

 だが、「バランス良く食べよう」というタイトルの本は、まず売れない。極端な物言いや、良い・悪いと白黒つける方が、注目されて分かりやすいからだ。

 こうした傾向は食に限らず、社会全体に広がっているように見える。

 SNSで瞬時に短文をやりとりする現代では、物事に対して「熟慮する」態度が培われない。社会の分極化はインターネットの利用と関係ないとする国内調査もあるが、SNSなどでは似た考えを持つ者同士が意見を交換する傾向があり、視点が偏ってしまう面があることは否めないだろう。

新型コロナウイルスのパンデミックは、極端な思考に走る傾向に拍車をかけたように見える
新型コロナウイルスのパンデミックは、極端な思考に走る傾向に拍車をかけたように見える

 そして新型コロナウイルスのパンデミックは、極端な思考に走る傾向に拍車をかけたかにも見える。

 米国では大統領選の影響も相まって、店舗の営業規制やマスク着用を巡って国民の対立が深まった。「新型コロナは中国の生物化学兵器だ」とする「陰謀論」がはびこり、「マスク着用は健康に有害」との主張も登場した。新型コロナの世界流行すら信じない人もいる、というから驚きだ。

 日本でも「コロナはただの風邪。経済活動を元に戻せ」と主張する人もいれば、感染拡大防止こそ正義、とばかりに「自粛警察」や「マスク警察」も現れた。

残り:1090文字/全文:2036文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1629231 0 広角多角 2020/11/16 10:35:00 2020/11/16 10:44:39 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT8I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)