読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

キクラゲをクラゲにする魔法

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 伊藤俊行

 キクラゲは海のクラゲの仲間ではなく、山に群生する菌類だ。海藻のヒジキと浜辺で育つオカヒジキも別物だ。触感、見た目、名前が似ていても、陸のものと海のものは違う。

 北朝鮮の弾道ミサイルなどに海で備えるイージス・システムの陸上版「イージスアショア」の配備断念から、半年がたつ。この間、代替策をめぐる政府・与党の議論では、キクラゲとクラゲを混同したかのような場面が散見される。

米ハワイ州カウアイ島にあるイージスアショアの実験施設を訪れ、記者団の質問に答える岩屋毅防衛相(当時)=2019年1月18日撮影
米ハワイ州カウアイ島にあるイージスアショアの実験施設を訪れ、記者団の質問に答える岩屋毅防衛相(当時)=2019年1月18日撮影

 代替策は海で展開し、それは新たなイージス艦2隻の投入とする案が有力で、焦点は、イージスアショア全体の「目」になるはずだった購入契約済みの米ロッキード・マーチン社(LM)製のレーダー「SPYスパイ7」を使うかどうかに集まる。防衛省は「買った以上、活用したい」と考える。もともと海のものを陸から戻すだけなら予算と時間の節約になるが、どうも違う。

 SPY7は米国で配備済みの陸上迎撃システムを基に、陸用に開発中だった。海での実績はない。自衛隊OBには「陸用を海用にすれば、予算が膨らむ。周辺国の変則軌道で極超音速の武器に対応できない」といった異論もある。

 自民党国防議員連盟が10月にまとめた「新たなミサイル防衛に関する提言」では、冒頭で「既存の契約品の利活用を自己目的化せずに」と政府にクギを刺している。最後まで契約を争った米レイセオン社製のレーダーシステム「SPY6」よりSPY7の性能が上だとする説明にも、「防衛省の選定では」という書きぶりで、「防衛族」の防衛省に対する不信がにじむ。

 米ミサイル防衛局とLMは、SPY7は海でも使えると言い、防衛省の民間委託調査でも技術的に可能としている。ただ、キクラゲをクラゲにする魔法にいくらかかり、どれだけ効果があるのかといった、有権者の理解を助ける情報は、ほとんど伝わってこない。

自民党の合同会議で地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の配備計画撤回を表明する河野防衛相(当時)。自民党本部で、6月25日撮影
自民党の合同会議で地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の配備計画撤回を表明する河野防衛相(当時)。自民党本部で、6月25日撮影

 呼称も、誤解を招く。

 SPY6は弾道ミサイル以外の攻撃にも同時に対応できる「目」を持つ。SPY7は遠く広く見える「目」が売りで、当初は同時対応を前提としていなかったようだ。設計思想もメーカーも違うのに、同じSPYだから、ややこしい。

 米海軍はSPY6を採用済みで、イージス艦以外の艦船にも使う予定だ。汎用はんよう性を高めれば価格は安くなり、操作研修の一本化で人繰りも柔軟にできる。米軍と自衛隊の連携強化には、同じ「目」を持つのが望ましいとの意見も聞く。

 イージスアショアの導入には、古いSPY1を載せた8隻のイージス艦を何とかやり繰りして「盾」を構える海上自衛隊の負担軽減の狙いがあった。陸なら2基で日本列島全域をカバーするから、海自に余裕ができるとの説明だった。人口減に伴い自衛官も減るとみられる中、その原点も忘れてはならないはずだ。

 「政官業」の鉄の三角形が揺らぎ、防衛族、防衛省、メーカーの間で摩擦が起きるのも珍しい。国の厳しい懐事情の中でも、より良い装備を調達しようと知恵をぶつけあっているのなら、立派だ。メンツや利権などが議論をゆがめているのなら、本末転倒だ。

 議論が隘路あいろに入り込んでいるのも、気にかかる。

 11月10日に東京都内で行われたシンポジウムで、兼原信克・前国家安全保障局次長は「特定の兵器に集中して議論するのは日本の特徴だ。他国はそんなやり方をしない。『国を守れるのか、守れないのか』から始めなくては」と語った。

 同感だ。

 キクラゲは漢字で「木耳」と書く。正確な情報を公正に示し、多くの人の意見に「耳」を澄ませることで、よい「目」は育つ。

プロフィル
伊藤 俊行( いとう・としゆき
 編集委員。1964年、東京生まれ。四半世紀も政治を取材しながら、いまだ分からないことばかりの世界と格闘中。ワシントン特派員、国際部長、政治部長を経て2020年6月から現職。草サッカーチーム「鰯クラブ」で一緒にプレーした俳優、故・大杉漣さんが体現していた「あるがままに」の生き様が目標。

無断転載・複製を禁じます
1663309 0 広角多角 2020/11/30 11:00:00 2020/11/30 11:06:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201130-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)