読売新聞オンライン

メニュー

厳しい氷河期世代…正社員の「椅子」、コロナ禍で再び遠く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

経済部デスク 山下福太郎

 切ない不祥事である。5月31日、神戸市の男性職員(44)が懲戒免職になった。約20年前、大卒であることを隠し、受験資格が高卒以下の採用試験に合格していたためだ。市に匿名の通報が寄せられた。職員は「合格しやすいと思った」と弁明したが、市は「高卒者の就業機会が一人分失われた」ことを重く見た。(記事は こちら

 実はこうした学歴を低く偽る不正で定年を迎えられずに同市役所を去った職員は、これまでに約50人に上る。大阪市や横浜市でも数百人規模で発覚している。その多くを就職環境が極めて厳しかった1993~2004年頃に大学を卒業した氷河期世代が占める。

 就活は椅子取りゲーム。神戸市の隣、兵庫県宝塚市の女性職員(47)はそう例える。新卒時に就職に失敗すると正社員の椅子には別の人が座り、自分は一生座れない――。この職員は大卒後の二十数年間、ほぼ女手一つで子育てをしながら非正規の職を転々とした。

宝塚市が実施した氷河期世代の中途採用の試験会場(2019年9月)
宝塚市が実施した氷河期世代の中途採用の試験会場(2019年9月)

 一昨年、宝塚市が全国に先駆けて実施した氷河期世代対象の採用試験に合格した。4人の採用枠に応募者は1816人。その一つに座れた自分は幸運だったと感じる。辞令交付式で当時の中川智子市長からかけられた言葉を胸に秘める。「どうか健康に気を付けて定年まで勤めてくださいね」

 「第2の氷河期世代を生まない」。コロナ禍が拡大して以降、経団連は積極的な新卒採用を強く各企業に働きかけている。バブル崩壊後の十数年、終身雇用制度のもとで多くの企業が中高年社員の雇用維持を優先し、新卒者が座るはずだった椅子の数を絞りすぎた――。「氷河期」の生みの親としての深い反省が背景にある。

 経団連は、新卒一括採用の見直しに乗り出し、大学3~4年生時に横並びで就活を行うと定めた採用ルールも廃止した。卒業時に失敗しても、正社員の椅子に座るチャンスは何度でも得られるようにすることが狙いの一つだ。今春に卒業した大学生の就職率は96%と高水準を維持し、氷河期が再来する懸念は遠のく。

就職氷河期の中で最も雇用情勢が厳しかった2000年入社の就職活動風景
就職氷河期の中で最も雇用情勢が厳しかった2000年入社の就職活動風景

 「就職氷河期」の言葉を初めて世に出した就職ジャーナル1992年11月号(リクルート発行)。当時、編集長の長薗安浩さんは、バブル崩壊で産業構造の大転換が起きれば、団塊の世代が定年を迎え始めて人手不足となる2007年頃まで、厳しい就活環境は続くと予想した。雇用市場の規制緩和も進み、名付け親の懸念はほぼ現実となる。

 氷河期世代の多くはすでに40歳代、人生の折り返しを過ぎ始めた。非婚、非正規、引きこもり。その支援が重い課題として残る。宝塚市の取り組みと前後し、政府は20年春から3年間かけて氷河期世代の正社員を30万人増やすと打ち出した。だが、直後にコロナ禍が産業界を襲い、目標の達成はほぼ絶望視される。新聞の見出しには「雇い止め」「派遣切り」の文字が躍る。

 6月18日に放送されたNHKドラマ「半径5メートル」。派遣切りと雇い止めされた氷河期世代の女性2人の姿を描いた。

 「私たちは捨て駒。全日本国民に謝ってほしい」「そういう時代に当たっちゃったんだから仕方がない」

 脚本を担当した藤平久子さんは、彼女らの現状や複雑な心の叫びが周辺5メートルにさえ届いていないと感じ、あえて両極端とも思えるセリフを2人に委ねた。

 どの世代に生まれるかは、誰一人として自らの選択ではない。団塊、新人類、バブル、氷河期、ゆとり、そしてコロナ……。

 平成は失われた30年。リクルートから40歳で作家に転身した長薗さんは、政府や産業界の取り組みがあまりに遅すぎたと考える。「もっと早い氷河期の解かし方はあったはずだ」

プロフィル
 
山下 福太郎( やました・ふくたろう
 2000年入社。山形支局などを経て、2006年から経済部。流通業界や国土交通省などを経て、財界記者クラブには4年間在籍。経団連の中西宏明会長(当時)によるイノベーションなどの取り組みをまとめた本紙連載「解剖 財界」を担当した。60回弱の連載をまとめた書籍「 検証 財界 」が中央公論新社から発売(=272ページ、税込み1760円)され、全国の書店やインターネット通販サイトで扱っている。

無断転載・複製を禁じます
2161644 0 広角多角 2021/06/28 13:37:00 2021/06/28 13:37:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210628-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)