防衛力論戦のカギ 弾と人と将来構想

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 伊藤俊行

 マッハ10超で戦闘機の試験飛行が強行される。その予算を無人機開発に回したかった軍幹部は、怒りを抑えて「君たちパイロットは絶滅する」と言い放つ。

「トップガン マーヴェリック」主演のトム・クルーズさん(右)と製作者のジェリー・ブラッカイマーさん(5月23日、東京都港区で)
「トップガン マーヴェリック」主演のトム・クルーズさん(右)と製作者のジェリー・ブラッカイマーさん(5月23日、東京都港区で)

 トム・クルーズさん演じるベテラン飛行士は「そうだとしても、今日ではない」と静かに応じる。

 無人戦闘機だけで戦う時代になるまで、脅威が待ってくれるわけではない。映画「トップガン マーヴェリック」の序幕は、軍事技術のリードタイム(発注から納品までの時間)と、脅威の高まるスピードとの終わりなき競争について考えさせられる。

 4月の財政制度等審議会の分科会で配られた財務省作成の資料「防衛(資料は こちら )」には、装備品(兵器)のリードタイムは「5年程度」で、研究開発段階のものだと「およそ10年以上」とある。

 ロシアによる隣国の侵略は、今回の参院選で防衛費増額を主要争点にした。

 世論の関心も高く、円安で海外からの調達費もかさむ中で、増やす是非より、「どれだけ増やすか」に視線が向く。 隔靴掻痒かっかそうよう の感があるのは「いつ、何を増やすか」という論点だ。

7月10日に投開票される参院選のポスター掲示場
7月10日に投開票される参院選のポスター掲示場

 映画のように脅威の除去に残された時間が3週間という極端な状況ではなくても、日本の隣には軍備増強で地域の緊張を高める中国や、ミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮がいる。

 まず、自衛隊の「 たま 」不足の解消と、計画通りに進まない装備品の配備が急務だ。装備品が最新でも弾がなければ、ウクライナのように4か月以上も抗戦できない。予算の制約で計画の8割ほどしか装備品を買えないようでは、稼働率も訓練も足りなくなる。

 将来に向けて何を準備するかという構想力も、求められる。リードタイムから見て疑問のある既存計画を見直す勇気も、ほしい。増額の規模を競う「勢い」だけの議論は、危うい。

 もちろん、争点は安全保障だけではない。

 この政策は良くても、別の政策は支持できないといった悩みは、選挙につきものだ。政策より既存政党の否定を訴え、SNSで存在感を高める団体もある。迷うにつけ、有権者も「勢い」に流されやすくなる。

 その点、読売新聞オンラインでも出来る「 ボートマッチ 」は、立ち止まって考える良い機会をくれる。投票先に考えていた党のマッチ度が57%、長続きしないと見ていた党が69%という結果には、さすがに公約の再点検をしたくなった。

 一つの政策に絞って選ぶにせよ、「勢い」任せでは落とし穴にはまる。

 資料「防衛」は、各方面で論争を巻き起こした。

映画で最後に成否を分けるのは「パイロット=人」
映画で最後に成否を分けるのは「パイロット=人」

 1両14億円の10式戦車より、ウクライナ軍が露軍戦車を撃破した携帯型ミサイル、ジャベリンの方が発射装置2億7000万円と弾1発2300万円だから安上がり――。単純化された記述が反発を招いた面もあるが、「勢い」でなく冷静に持続可能な防衛態勢を考える材料も見つかる。

残り:465文字/全文:2078文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
3137589 0 広角多角 2022/07/04 10:04:00 2022/07/25 11:28:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)