読売新聞オンライン

メニュー

解説

子宮移植容認…「生体」偏重 再考の契機

会員限定
 子宮のない女性の出産を目的とする子宮移植の可否を議論していた日本医学会の検討委員会が7月、実施の容認を発表した。生きたドナー(提供者)の子宮提供による実施となる。日本では脳死ドナーが少なく、他の臓器も生体移植が主流だ。…
記事へ

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)