文字サイズ

    竜王戦第1局、厳かな雰囲気の1日目終える

    まとめ読み「第31期竜王戦七番勝負」はこちら
    • 能楽堂で開幕した竜王戦第1局。立会人の島朗九段(右端)に封じてを渡す羽生善治竜王。左は広瀬章人八段(11日午後6時8分、東京都渋谷区で)=松田賢一撮影
      能楽堂で開幕した竜王戦第1局。立会人の島朗九段(右端)に封じてを渡す羽生善治竜王。左は広瀬章人八段(11日午後6時8分、東京都渋谷区で)=松田賢一撮影

     将棋界の最高棋戦で、羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦する第31期竜王戦七番勝負第1局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)が11日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で始まった。昨年に続く能楽堂での公開対局は、静かで厳かな雰囲気。同日午後6時に羽生竜王が49手目を封じて1日目を終えた。

    2018年10月11日 21時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ