千葉雄大がカワイイ世界に直面「プリティが多すぎる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「プリティが多すぎる」©NTV
「プリティが多すぎる」©NTV

 今週は、ランキングの1~5位が先週と変わらず、同タイトルが引き続き視聴者の人気を集める結果となった。

 2位には大ヒット海外ドラマ「ウォーキング・デッド」がランクイン。

 黙示録的な世界での“ウォーカー”と呼ばれるゾンビとの攻防と、そこで生まれる人間ドラマを重厚に描くエミー賞受賞作品。新エピソードのシーズン9、4話では、主人公のリックに衝撃の展開が待ち受けており、SNSでも大きな反響を呼んだ。次回5話はいよいよリックが登場する最終回となり、卒業を嘆く多くの声が上がっている。気になる最新エピソードは、HuluのFOXチャンネルでリアルタイム配信、さらに見逃し配信も予定している。先導役として皆をまとめてきたリックの英姿を、ぜひ見届けていただきたい。

 3位には、新垣結衣、松田龍平主演のドラマ「獣になれない私たち」がランクイン。

 簡単には本音を言えず、感情に(おぼ)れることもできない、理性的なイマドキの男女の“ラブかもしれない”物語を描く本作。新垣、松田に加え、優しくて保身的な男性を演じる田中圭、野性味ある情熱的な女性を演じる菊地凛子、元恋人の家に居座る女性を演じる黒木華など、個性豊かなキャストが集結。作中の人間関係も複雑化し、先が見えない今後の展開から目が離せない。

 さらにもう1作、日本テレビ系列のドラマ「プリティが多すぎる」が、10位に登場。

 大手出版社の文芸編集部エースだった主人公が、突如原宿系ファッション誌の編集部に異動になり、カワイイ至上主義の世界で悪戦苦闘するお仕事ドラマ。「プリティ満載」の職場に衝撃を受けながら、そこで働く人々の熱血魂に触れ、徐々に正面からカルチャーに向き合うようになる主人公を、千葉雄大が演じる。日本が誇る“KAWAII”世界観をふんだんに盛り込んだ本作は、カンヌで行われた世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」でワールドプレミアが行われ、世界中の観客の注目を浴びた。

 Huluでは、現在「プリティが多すぎる」「獣になれない私たち」など、最新ドラマの見逃し配信を実施中。気になるドラマをぜひ1話からお楽しみいただきたい。(Hulu広報宣伝)

無断転載禁止
47665 0 エンタメ・文化 2018/11/02 05:20:00 2018/11/02 05:20:00 2018/11/02 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181031-OYT8I50082-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ