文字サイズ

    沼津が舞台のラブライブ!、紅白出演で市がPR

    • アクアを応援するステッカーマグネット(静岡県沼津市役所で)
      アクアを応援するステッカーマグネット(静岡県沼津市役所で)

     静岡県沼津市を舞台にした人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優で作るグループAqours(アクア)が、大みそか恒例の「NHK紅白歌合戦」に初めて出演することになり、市が情報発信に力を入れている。

     ラブライブは、同市内浦地区で結成された9人組のスクールアイドル・アクアの成長を描く物語で、アニメの人気の高まりとともに沼津を訪れるファンも増えた。アクアは、観光をPRする市の「燦々さんさんぬまづ大使」も務める。紅白歌合戦では、ジャパンカルチャーを特集する企画のコーナーに出演することになった。

     市は身分証明書ケースに貼り付けるシール(直径3・5センチ)を2万枚作成し、4日から市職員約1400人がPRを始めた。このほか、ステッカーマグネット(直径20センチ)も作って公用車に貼る。

     市は、シールによるPRに協力してくれる事業所を募っている。市内に本社または営業所があることなどが条件。申込期間は7日までで、市観光戦略課(055・934・4747)に電話で申し込む。すでに約30の事業所、団体から申し込みがあった。

     8~28日には、沼津港にある大型展望水門「びゅうお」を特別ライトアップする。外壁はアクアのシンボルカラーの青色にするほか、展望回廊は日替わりでラブライブの9人それぞれのイメージカラーにする。

     来年1月には映画の公開も控え、頼重秀一市長は、「年末年始は紅白、映画と盛り上がるので、沼津の魅力を伝える機会にしたい」と話している。

    2018年12月05日 10時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ