文字サイズ

    羽生竜王が3勝目、タイトル通算100期に王手

    • 感想戦で熱のこもった中終盤を振り返る羽生竜王
      感想戦で熱のこもった中終盤を振り返る羽生竜王

     将棋界の最高棋戦で、羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦する第31期竜王戦七番勝負第5局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)が4日から石川県七尾市の加賀屋で行われ、5日午後6時42分、羽生竜王が139手で勝った。対戦成績を3勝2敗とした羽生竜王は前人未到の通算獲得タイトル100期に王手をかけた。

     相居飛車の力戦となった本局は、中盤で羽生竜王が▲2七角と「遠見の角」を放って攻勢を取り、広瀬八段は意表の封じ手△8四飛で勝負に出た。激しい攻め合いになった終盤で、羽生竜王が竜を作った直後の着手、▲3三桂から▲7六銀が「プロでも気がつかない絶妙の組み合わせ」(渡辺明棋王)。最終盤の▲7一金打が俗手の決め手で羽生竜王が手堅く寄せきった。

    (ここまで330文字 / 残り265文字)
    2018年12月05日 20時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ