長寿番組「世界の旅」、兼高かおるさん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

兼高かおるさん
兼高かおるさん

 長寿テレビ番組「兼高かおる世界の旅」を自ら企画、出演し、まだ海外旅行が一般的ではなかった時代に日本人の目を海外に向けさせた、旅行ジャーナリストの兼高かおる(かねたか・かおる、本名・兼高ローズ)さんが5日午後8時45分、心不全のため東京都内の高齢者施設で亡くなった。90歳だった。告別式は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。

 神戸市生まれ。ロサンゼルス市立大に留学した後、英字紙「ジャパンタイムズ」などでライターとしてジャーナリスト活動を始めた。1958年、当時の世界一周早回り記録に挑戦し、記録を塗り替えたことがきっかけとなり、翌年、自ら企画、取材し、演出からナレーションまでを手がけたラジオ東京(現TBS)のテレビ番組「兼高かおる世界飛び歩き」がスタート。60年から「兼高かおる世界の旅」と名称を改め、海外への観光渡航が自由化される前の日本人に夢を抱かせた。

 90年9月に1586回で番組が終わるまで、31年間に約150か国を訪問。地球180周にあたる距離を飛び回った。日本人女性で初めて北極点と南極点の両方に立ち、個人の名を冠したテレビ番組では米国の音楽番組「エド・サリバンショー」の23年を抜いて当時、世界一の長寿番組となった。この番組の功績で90年に菊池寛賞、翌年には芸術選奨文部大臣賞と紫綬褒章を受けた。

 また、国際交流や旅行業の発展にも貢献した。日本旅行作家協会の会長を務めたほか、昨年は、優れた企画旅行を表彰する「ツアーグランプリ2018」の審査委員長も務めた。86年から2006年まで「横浜人形の家」館長。

無断転載禁止
496 0 エンタメ・文化 2019/01/09 18:10:00 2019/01/21 11:52:56 2019/01/21 11:52:56 旅行ジャーナリストの兼高かおるさん。東京都港区で。2016年12月9日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190109-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ