地表に窪み「竪穴住居跡」北海道2万3千軒確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

色々な形の穴が隙間なく並ぶ湧別町のシブノツナイ竪穴住居跡(北海道埋蔵文化財センター提供)
色々な形の穴が隙間なく並ぶ湧別町のシブノツナイ竪穴住居跡(北海道埋蔵文化財センター提供)
CM竪穴群地図
CM竪穴群地図

 地表にくぼみとして残る先史時代の竪穴住居跡について、北海道教育委員会が2015年に始めた調査で、道内1335遺跡で約2万3000軒を確認したことがわかった。道教委では、これらの竪穴群を「北海道・北東北の縄文遺跡群」に続く世界文化遺産候補とする想定で、21年度まで調査を続け、全容を把握する考えだ。

 北海道は気候が寒冷なため、先史時代の竪穴住居跡が腐植土などで埋まり切らず、窪みとして今も地表に残っているケースが多い。とくに、標津町の「標津遺跡群」と北見市の「常呂遺跡」は、それぞれ2000軒以上の竪穴群が残っており、国の史跡に指定されている。

 道はこれらの竪穴群について、07年に世界文化遺産候補として文化庁に提案したことがある。同庁は「独特の考古学的遺跡だ」とは評価したが、普遍的価値の証明には課題があるとし、候補から漏れた。これを受け、道教委は竪穴群の文化遺産としての価値を示すには、まず全体像の把握が不可欠と判断し、15年度から調査を開始した。

 4年にわたる調査の結果、竪穴のある遺跡が最も多かったのは根室地方で470か所。続いて釧路地方で302か所、オホーツク地方で202か所などで、道東に集中していることが確認された。時代別では、擦文文化期(7世紀後半~12世紀頃)が最多の約590か所で、続縄文文化期(2千数百年前~7世紀頃)が約180か所、オホーツク文化期(5~9世紀)が約90か所など。約460か所については時代が不明だった。

 これと並行して、主な遺跡については測量や発掘を行い、精度の高い遺構配置図を作成する作業を進めてきた。たとえば湧別町の「シブノツナイ竪穴住居跡」では、約4万平方メートルの分布範囲内に、530軒の竪穴住居跡が隙間なく密集していることが確認された。1960年代の調査では擦文時代の遺跡とされていたが、竪穴の形状や出土土器などから、続縄文時代から擦文時代まで約1000年間(2~12世紀頃)にわたり営まれた集落跡だったことが分かったという。

 道教委では今後、シブノツナイ竪穴住居跡に近い湧別町の「川西2遺跡」で発掘調査を行うほか、興部町の「興部豊野竪穴群」でも詳細な測量を実施する。21年度までの調査で、道内全域の竪穴群について詳細を把握し、再度、世界文化遺産候補として提案するために準備を進める。

 道教育庁文化財・博物館課の西脇対名夫つなお主幹は「道東は先史時代の竪穴が集中する世界的にも珍しい地域。それがどのような意味を持つかを明らかにしていく」と話している。

無断転載禁止
1263 0 エンタメ・文化 2019/01/10 14:54:00 2019/01/21 11:59:21 2019/01/21 11:59:21 地表に様々な形の穴が隙間なく並んでいる湧別町のシブノツナイ竪穴住居跡(北海道埋蔵文化センター提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190110-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ