菅田将暉 狂気の演技に絶賛「3年A組」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」©NTV
「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」©NTV

 今週は、トップ10に日本テレビ系列新ドラマの見逃し配信が多数ランクインする結果となった。

 なかでも菅田将暉主演の日曜ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」は、先週の2位から順位を上げて首位を獲得。謎と事件が連鎖的に絡み合う学園ミステリー。卒業まで残り10日となった高校で、菅田将暉演じる美術教師が生徒を人質に立てこもり、「最後の授業」を行う。初めて教師役を演じる菅田の狂気の演技に、早くも絶賛する声が続出。今後も予想できない衝撃の展開が待ち受ける。生徒役を演じる永野芽郁や片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈ら若手キャストの共演にも注目だ。

 北川景子主演の「家売るオンナの逆襲」は初登場3位にランクイン。2016年に放送された「家売るオンナ」の続編となる本作。家を売って売って売りまくった伝説の不動産営業ウーマン・三軒家万智が、夫である屋代課長とともに再びテーコー不動産に戻ってくる。おなじみの仲間に加え、新メンバーや前作を超えるワケあり強者(つわもの)客が続々登場、さらには三軒家のライバルとなる“最強の家売るオトコ”も現れ波乱の幕開けに。現在、見逃し配信に加え、前作も一挙配信中なので、ぜひ併せてご覧いただきたい。

 また、世界中で話題の作品をいち早くお届けするHuluプレミアでは、「t@gged/タグド」の配信を開始した。殺人を連想させる映像に突然“タグ付け”され、見えない恐怖に翻弄(ほんろう)される女子高生を描くSNSミステリー。不特定多数とつながってしまうSNSの闇をテーマに、女子高生3人が徐々に追い詰められていく様子を臨場感たっぷりに描く演出は、現代ならでは。「ウォーキング・デッド」のイーニッド役ケイトリン・ネイコンもメインキャストとして出演しており、海外ドラマファンにも注目されている作品だ。

 さらにもう1作、Huluプレミアでは1980年代のパソコン革命を題材に偉業達成の野望を抱く人々の姿を描くヒューマンドラマ「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」を1月19日(土)から配信スタート。テキサス州ダラス、通称“シリコンプレーリー”で、はみだし者たちが既存のコンピューターに対抗する革命的な新製品を生み出そうと奮闘する様子を、80年代の音楽、文化とともにお届けする。

 国内外の話題のドラマを、ぜひHuluでチェックしてほしい。(Hulu広報宣伝)

無断転載禁止
60695 0 エンタメ・文化 2019/01/18 05:20:00 2019/01/18 05:20:00 2019/01/18 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190116-OYT8I50097-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ