囲碁の藤沢女流三冠、七大タイトル本戦で初勝利

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 囲碁の藤沢里菜女流三冠(20)が21日に行われた第45期天元戦本戦1回戦で高橋真澄三段(29)に白番中押し勝ちし、女流棋士として初めて七大タイトル戦の本戦で勝利を収めた。

 藤沢女流三冠は、女流本因坊、女流立葵杯、女流名人のタイトルを保持する女流囲碁界の第一人者。2017年と昨年12月の碁聖戦本戦1回戦で敗れ、3度目の挑戦で本戦初勝利を挙げた。女流棋士はこれまで10人が七大タイトル戦の予選を勝ち抜いて本戦に進んでいたが、全敗だった。

62410 0 エンタメ・文化 2019/01/21 18:30:00 2019/01/22 10:23:57 2019/01/22 10:23:57

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ