仲邑菫さんは「新しい歴史作った」…韓国報道

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

22日、ソウルで行われた記者会見で笑顔を見せる仲邑菫さん
22日、ソウルで行われた記者会見で笑顔を見せる仲邑菫さん

 【ソウル=水野祥】国内史上最年少で囲碁のプロ棋士になる大阪市の小学4年生、仲邑菫なかむらすみれさん(9)が22日、修業で腕を磨いたソウルを訪れ、記者会見を行った。23日には、女流棋士の世界トップと目される韓国の崔精チェジョン九段(22)と記念対局を行う。

 仲邑さんは会見で、韓国に来てから囲碁が強くなったかとの記者の質問に、はにかみながら小さな声で「はい」と答えた。今回、4月のプロデビューを前に韓国人の恩師へあいさつするために訪韓することになり、韓国棋院側から崔九段との対局の提案を受けたという。

 囲碁は韓国で「学ぶと頭が良くなる」との考えがあり、子供から大人まで幅広い人気を集めている。仲邑さんのプロ入り決定のニュースは、韓国メディアでも「韓国に留学した少女が日本で新しい歴史を作った」と大きく取り上げられた。

63560 0 エンタメ・文化 2019/01/22 13:28:00 2019/01/22 13:28:00 2019/01/22 13:28:00 22日、訪韓を機にソウルで行われた記者会見で笑顔を見せる仲邑さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190122-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ