読売俳壇 2月11日

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◇矢島●男選(●は「楮」の木へんをさんずいにする「渚」の異体字)

ユニホーム枯草まみれ守備につく 土浦市 今泉 準一

【評】味方の攻撃時間に日当たりのいい枯草に寝転んでいた少年たちが守備位置に戻ってゆく。文字通りの草野球だが、ユニホームを着ている。のんびりした状景の正確な描写。

 

初夢の猫は鍼灸院のタマ 栃木県 あらゐひとし

【評】初夢に出て来たあの猫はどこで見たやつだったか。そうだ。いつもゆく鍼灸しんきゅう師の猫だ。名前さえ思いだした。軽い句だが、面白い。

 

股引を知らぬ店員ばかりなり 館林市 恩田  昭

【評】高齢者には馴染なじみの「股引ももひき」という言葉に首をかしげる店員たち。「猿股」だって知るまい。懐かしい日本語が英語に変ってしまった。

 

踏ん張ってついばむ鴉息白し 本庄市 水沢 三郎

空家の前夜番の柝を念入りに 稲敷市 諸岡 千裕

パチンコの台探しつつ御慶かな 明石市 北前 波塔

炉に並ぶ濡れ焦げ氷下魚こまいかざたちて 札幌市 村上 紀夫

吹雪きゐる無人の駅に文庫本 弘前市 竹内 政行

宝船肥満揃ひの七福神 春日部市 岩本  弘

先頭にいつかは成れる初詣 上尾市 中野 博夫

 

 ◇宇多喜代子選

旅の宿柱ときどき咳をする 一宮市 渡辺 邦晴

【評】咳をするはずのない柱が咳をする。詩の世界ではこんなことができる。うそだと思う向きは作者の咳の反射とでも思うといい。いつしか咳をするのが柱だとわかるから。

 

寒鯉の動かぬといふ堅さかな 秩父市 辺見  弘

【評】冬眠中のこい。水底でじっとしている。その様子を「堅さかな」と見た句。まるで石か鉱物で作ったように堅く見える。

 

餅花の枝重々し軽々し 匝瑳市 椎名 貴寿

【評】正月の飾り物の一つが餅花。たわんだ木の枝に小さい餅を着けて稲の花に見立て、豊作を予祝する。その様子を重と軽で表現した句。

青空を大きく広げ枯木山 佐久市 宮沢  映

海脱ぎて海脱ぎて海女上がり来る 東海市 斉藤 浩美

空襲に家燃えてより冬幾度 滋賀県 足立てるを

とびきりの魚が手に入り冬帽子 福井市 村田 淑子

百歳のお仲間がいて初硯 東京都 後藤 博行

葱届く実家の畑の土匂ふ 水戸市 中崎 正紀

寒椿石田波郷の句集読む 松山市 坂井 一郎

 

 ◇正木ゆう子選

青き踏むピッパが通る口ずさみ 八王子市 徳永 松雄

【評】ブラウニングの詩の一節「神は天にありて、この世はすべて良し」。うららかな春の野に身を置けば、そんな思いが湧いてくる。どんな時も喜びを忘れないピッパのように。

 

地魚も地酒も寒くなればこそ 枚方市 船橋 允子

【評】寒いときには水も、魚も日本酒も美味おいしい。そう書きながら、実りの秋も春の恵みも美味しいと気づく。結局一年中美味しい、この国。

 

オリオンのベルトが要冬の星 門真市 田中たかし

【評】冬の夜空で真っ先に目に飛び込むのはオリオン座。特にベルトとして並ぶ三つの星を目印にすると、その他の星も自動的に見えてくる。

 

いて滝や息を止めたる水の神 稲城市 日原 正彦

初茜波音を聞くばかりなり 銚子市 下谷 海二

鷹仰ぐ小型のそれか幼きか 高槻市 上村 篤信

寒の沼胸まで浸かる蜆取り 常総市 坂入 幸子

山寺の寒九の水を頂けり 八王子市 斎賀  勇

出雲社の大注連しめ飾ゆるぎなし 浜田市 大島一二三

ふるさとに矢鱈漬あり小正月 東京都 望月 清彦

 

 ◇小澤  實選

ラガー吐く唾に血と砂歯の欠片かけら 廿日市市 永野 昌人

【評】ラガーとは、ラグビー選手のこと。彼が吐いた唾に血と砂と歯のかけらまで混じっていたとは。これらのモノがそうとうに激しい試合を戦っていることを想像させるのだ。

 

罠の鉄鎖掛けたる壁や牡丹鍋 岡山市 三好 泥子

【評】牡丹ぼたん鍋はいのししの肉の鍋である。その猪を捕らえるわなの鉄鎖が、壁に掛けてあるというのだ。野趣あふれる。狩人が経営する宿だろうか。

 

冬ざれや釘錆びて浮く波トタン 稲沢市 杉山 一川

【評】冬のさびしさを小屋の屋根か壁の波トタンに打ち付けた釘が錆びて浮き上がったところに感じ取っている。中七、たしかな描写である。

 

虎落もがりぶえ松本城の武者返し 長野市 小林 明男

置炬燵家族五人が脚を入れ 神戸市 山上陽太郎

砂滑すなめりの河口遡上やなみに紛れ 千葉県 星  美愉

待春や元一軒の六区画 川越市 横山由紀子

寒林や啄木鳥げらあか啄木鳥げらあお啄木鳥げらも 町田市 枝沢 聖文

魚の骨抜くピンセット日脚伸ぶ 牛久市 中村 栄子

静電気冬の季語でもよいと思ふ 登別市 松木  秀

438461 1 エンタメ・文化 2019/02/11 05:00:00 2019/02/11 05:00:00 2019/02/11 05:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ