ヒロ・ムライさん監督作品、グラミー賞受賞

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

最優秀ミュージック・ビデオ部門で栄冠に輝いたムライさん(中央)=AP
最優秀ミュージック・ビデオ部門で栄冠に輝いたムライさん(中央)=AP

 【ロサンゼルス=久保庭総一郎】米音楽界で最高の栄誉とされる第61回グラミー賞の授賞式が10日(日本時間11日)、ロサンゼルスで行われた。東京生まれの映像ディレクター、ヒロ・ムライさんが監督した音楽ビデオが、最優秀ミュージック・ビデオ部門で栄冠に輝いた。

 受賞作は、人気アーティスト、チャイルディッシュ・ガンビーノさんの楽曲「ディス・イズ・アメリカ」の音楽ビデオ。「これがアメリカ」「俺も銃を持ってる」などといった歌詞で、ビデオには銃撃シーンなどがある。米社会の様々な問題を示唆する作品とされ、大きな話題を呼んだ。この曲はグラミー賞の主要4部門のうち、最優秀レコード、最優秀楽曲の2部門でも受賞した。

 ムライさんは1983年生まれ。父は「翼をください」などを手がけた作曲家で、音楽プロデューサーとしてもYMOなどの作品を世に送り出した村井邦彦さん。9歳の時に家族とともに渡米した。これまでに数々の有名アーティストの音楽ビデオの監督を務めたほか、携わった米テレビドラマ「アトランタ」は、ゴールデン・グローブ賞に輝いている。

 ムライさんは受賞後のテレビなどのインタビューで、「悲劇だけでなく、喜びも取り入れようと思った。(日本にも)作品が届いたことをうれしく思う」と語った。

 このほかの主要4部門では、最優秀アルバム賞にケイシー・マスグレイヴスさんの「ゴールデン・アワー」が、最優秀新人賞にデュア・リパさんが選ばれた。

 横浜市出身のサウンド・エンジニア、ミキ・ツツミさんが参加したアルバム「H.E.R.(ハー)」は、最優秀R&Bアルバム賞に輝いた。

439149 1 エンタメ・文化 2019/02/11 17:39:00 2019/02/11 21:39:48 2019/02/11 21:39:48 Jason Cole, from left, Hiro Murai and Ibra Ake pose in the press room with the award for best music video for Childish Gambino's ”This Is America” at the 61st annual Grammy Awards at the Staples Center on Sunday, Feb. 10, 2019, in Los Angeles. (Photo by Chris Pizzello/Invision/AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190211-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ