海賊版ダウンロード全て違法…漫画・写真にも拡大

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海賊版と知りながらインターネット上からダウンロードすると違法になる対象物を、従来の映像と音楽から、漫画や写真、文章などを含む著作物全てに広げることを盛り込んだ報告書案が13日、文化庁の文化審議会著作権分科会で了承された。違法となる要件をより明確にすることや、刑事罰の対象を絞り込むことも求めている。漫画などを無断掲載する「海賊版サイト」の被害が深刻化する中、対策の一つになるとみられる。

 

罰則対象 絞り込み

 報告書が了承されたことで審議会の議論は終了。同庁は、報告書を基に著作権法の改正案をまとめ、開会中の今国会に提出する。

 この日了承された報告書では、違法ダウンロードの対象物を巡り、限定すべきだとの意見が委員から出たことに「十分に留意する」としながらも、対象物を拡大すること自体は「一定程度の合理性が認められる」とした。ただ、ダウンロードする際に、著作権の侵害に当たることをはっきり認識していることが違法性の要件であることに触れ、その点が条文でも明確になるような対応を求めている。

 罰則の対象については、有償で提供される著作物に限定することを前提とした上で、「国民生活への影響を最小限にとどめる観点から特に必要性が高い行為に厳格に絞り込むことが必要」と明記。具体的には、ダウンロード行為を「反復継続した場合」に限るなど、複数の選択肢が示された。

 また、海賊版サイトにネット利用者を誘導する「リーチサイト」の運営者らにも罰則を科すべきだとした。

443153 1 エンタメ・文化 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 08:49:30 2019/02/14 08:49:30

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ