平野啓一郎、古井戸秀夫氏らに読売文学賞贈賞式

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売文学賞を受賞した(左から)平野啓一郎さん、桑原裕子さん、西成彦さん、渡辺京二さんの代理で長女・山田梨佐さん、時里二郎さん、古井戸秀夫さん(20日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影
読売文学賞を受賞した(左から)平野啓一郎さん、桑原裕子さん、西成彦さん、渡辺京二さんの代理で長女・山田梨佐さん、時里二郎さん、古井戸秀夫さん(20日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影

 第70回読売文学賞の贈賞式が20日、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれた。老川祥一・読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理のあいさつに続き、松浦寿輝ひさき選考委員が受賞各作品を講評。平野啓一郎、桑原裕子、西成彦、時里二郎、古井戸秀夫の5氏と、渡辺京二氏の代理で出席した長女の山田梨佐氏に、正賞のすずりと副賞200万円が贈られた。

 「ある男」で小説賞を受けた平野氏は「デビュー20年という自分にとって区切りの年に刊行した作品を評価してもらえて大きな励みになった。創作活動を続けていられることの幸福をかみしめている」と語った。

 全2巻、計1600ページ余に及ぶ大著「評伝 鶴屋南北」で研究・翻訳賞を受けた古井戸氏は「ものを書いていて本当に良かったと思うことは何回もないが、今回はそういう思いをさせていただいたうえに賞まで頂戴した」と喜んだ。

無断転載禁止
453832 0 エンタメ・文化 2019/02/20 20:48:00 2019/02/20 21:32:49 2019/02/20 21:32:49 読売文学賞を受賞した(左から)平野啓一郎さん、桑原裕子さん、西成彦さん、渡辺京二さんの代理で長女・山田梨佐さん、時里二郎さん、古井戸秀夫さん(20日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190220-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ